TEL.075-922-0775 受付時間/10:00~19:00(火曜日を除く)

HOME  >  京の家具便り  >  タクミカンファニチャー  >  タクミカンチェアアーカイブ

タクミカンチェアの最近のブログ記事

迫力ある一枚板に合うダイニングチェア

世界でたった一つの表情を持つ一枚板は、
いつの時代も人気があります。

ただ、一枚板は迫力があるだけに、
合わせる椅子が難しいもの。
単にスタイリッシュだとアンバランスだし、
かといって、ボリュームがあると重い印象になります。

そこで、カネカがオススメするのは、
ダイナミックでスタイリッシュなチェア、
「タクミカンチェア TC-205A」です!

ka17030121.jpg

見た目のスッキリした印象と違い、
実際はワイド感もあり、座面もゆったりしています。

ka17030122.jpg

飛騨高山のカフェの5mのタモ材一枚板に合わせた
「TC-205A」。
一枚板に合うチェアとは、
ワイドなサイズ感に加え、力強いデザインであるかが重要です。

ka17030123.jpg

こちらはレストランの一枚板カウンターで使用されたもの。
「TC-205A」はご自宅用だけでなく、
レストランやカフェで選ばれることも多くあります。


一枚板にオススメの「TC-205A」。
一枚板の色合いや風合いに合わせ、材質も選べます。

ka17030124.jpg
▲ウォールナット材 ¥81,000~
ka17030125.jpg
▲オーク材 ¥62,640~
ka17030126.jpg
▲オーク材ウェンジ色 ¥62,640~

是非、カネカ京都店でご覧になって下さい。

「タクミカンチェア一覧」はこちら

「京都の家具屋 カネカ家具」はこちら
京都市南区久世上久世町605
(ダイエー桂南店となり)
★JR桂川駅より徒歩10分
★名神京都南インターより車で10分
TEL:075-922-0075 E-MAIL:info@k-furniture.jp

address_map2.gif


■「KANEKAオフィシャルサイト」はこちら
shiro_s.JPG

■「匠ソファブランドサイト」はこちら
takumisofa_04.JPG



  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

椅子はカバーリングタイプがオススメ!

ダイニングチェアを選ぶ際、座面の汚れが気になりますよね。

座面が木製のタイプならばその心配はありませんが、
冬場冷たかったり、座り心地が硬いというデメリットがあります。

クッション性のある布製の座面を選びたいものですが、
食事中の汚れが気になりますよね。
座面は一番汚れやすいものです。

選ぶならカバーリングタイプ

クッション性の良い布製チェアを選ばれるなら、
「カバーリングタイプ」の椅子がオススメです!

ka16122124.jpg

カバーリングタイプならば、座面が汚れても簡単に取り外しができ、
ご自宅で洗濯や、素材によってはクリーニングができます。

また、生地が劣化したら、カバーを新調するだけで、
ダイニングチェアのイメージが変わります。

カフェでも愛用されるチェアがあります!

ka16122121.jpg

飛騨高山のカフェで愛用されている「タクミカンチェア」。
劣化の早いカフェやレストランでは、カバーリングタイプはオススメ。

「タクミカンチェア」は、飛騨高山生まれの上質な木製椅子で、
しかも、座面はカバーリングタイプ!

クッション性も抜群で、カバーの色合いをコーディネートできます。

ka16122123.jpg

カバーリングタイプなので、ご覧のようなファブリックだけでなく、

ka16122126.jpg

本革やレザーも選べ、簡単の着せ替えができます。

ファブリックから本革へ、またその逆へと、
カバーを着せ替えながら、長く使っていくことができます。

ka16122125.jpg

また、生地によっては「撥水加工」を施している生地もあるので、
小さいお子様がいらっしゃるご家庭でも、安心してご使用いただくことができます。

詳しくはこちらをご覧下さい。
カバーリングタイプで、長く愛着を持って使える「タクミカンチェア」はこちら





「京都の家具屋 カネカ家具」へお問い合わせはこちら

TEL:075-922-0075 E-MAIL:info@k-furniture.jp


■「KANEKAオフィシャルサイト」はこちら
shiro_s.JPG

■「匠ソファブランドサイト」はこちら
takumisofa_04.JPG



  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ウォールナット材のアームチェア

ダイニングでゆっくりと食事をするなら、
座り心地の良いアームチェアがオススメです。

アームがあると、背中だけでなく、体全体をサポートする感じがあり、
ゆったりとくつろぐことができます。

ウォールナット材のアームチェア

落ち着いた雰囲気とシックで上質な色合いの「ウォールナット材」。
どんな空間にも合わせやすい、人気の材質です。

ゆったりとダイニングで過ごしたい方に、
ご紹介したい「ウォールナット材のアームチェア」があります。

ka1612211.jpg

飛騨高山の職人技を活かしたウォールナット材のアームチェア、
「タクミカンチェア/TC-205A」です。

背からアームにかけての美しいアールのラインが特徴で、
ワイドなチェアながら、先端をシャープに仕上げています。

ka1612212.jpg

アームから繋がる脚は、躍動感ある「うねりデザイン」。
背面から見てもとても美しいデザインです。

ka1612213.JPG

ハーフアームスタイルなので、椅子の出入りもしやすく、
二脚並べた時にも圧迫感を感じません。

座面幅も一般的なチェアよりも、約5cmほど広いので、
ラウンジチェア感覚でゆったりと座ることができます。

ka1612214.JPG

写真のように、同じ「タクミカンチェアシリーズ」のデザイン違いのチェアと、
組わせても素敵です。

大型ダイニングテーブルとのコーディネート

ka1612215.jpg

大型ダイニングセットをお探しの方には、こんな優雅な使い方もあります。
幅240cmのダイニングテーブルに、TC-205Aのアームチェアを6脚セット。

ka1612216.jpg

大人数でダイニングでゆったりとくつろぐ方にオススメのセットです。

ka1612217.JPG

こちらは実際の納品事例です。
座面は、ファブリックや本革のカバーリングタイプですので、
お好みのカラーでコーディネートできます。


ゆったりとくつろげて、上質でシックな印象の、
「タクミカンチェア TC-205A ウォールナット」。

詳しくは、「タクミカンチェア」のページをご覧下さい。

「京都の家具屋 カネカ家具」へお問い合わせはこちら

TEL:075-922-0075 E-MAIL:info@k-furniture.jp


■「KANEKAオフィシャルサイト」はこちら
shiro_s.JPG

■「匠ソファブランドサイト」はこちら
takumisofa_04.JPG



  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

「タクミカンファニチャー」納品事例6/京都市北区K様「タクミカンダイニングセット」

京都市北区K様邸へ、
「飛騨の流線美家具/タクミカンダイニングセット」
をお届けしてきましたのでご紹介します。

W2400XD1000 大迫力のダイニングテーブル!
K16042801_R.JPG

アーム付の椅子が3脚ゆったり置けるサイズ感です。

K様はご新築へのお引っ越しを機に、
ダイニングセットの買い替えを検討されておりました。
ご入居され家の雰囲気を見てから、家具探しを始められたというK様。
長く使うものなので、「本当にお家に合うもの」をじっくりと検討されたようです。


K16042802_R.JPG

普段は5人でお使いになられるとのこと。
ご来店当初は使う人数によってサイズが変えられる
「伸長式テーブル」を検討されておりました。
しかし、「匠ソファショップ京都本店」の1階に展示しております、
こちらのW2400という大迫力の「タクミカンダイニングセット」をご覧になり、
ご主人様が一目惚れ!
展示と同じサイズでご購入いただきました。


お母様が思わず「1枚板ですか?」とおっしゃった天板。
K16042806_R.JPG

1枚ではなく複数の板を継いでおりますが、
なるべく木目を合わせておりますので自然な仕上がりです。


チェアは一番人気のTC-205Aを6脚選ばれました。
K16042804_R.JPG

無垢材の温かみを存分に味わえるデザインと、
感動する座り心地に絶賛の声を多数いただいております!


カバーは着せ替えが可能。
K様は爽やかなイエローグリーンとアイボリーをチョイスされました。

K16042807_R.JPG
K16042808_R.JPG

汚れてもカバーを外して簡単に手洗いできるので安心ですね。


K様のこだわりが感じられるご自宅に、
当店の家具をお選びいただき大変光栄です!
K16042805_R.JPG

この度は撮影にご協力いただき、
誠にありがとうございました。
末永くご愛用下さいませ。


『飛騨の流線美家具/タクミカンファニチャー』について詳しくはこちら
K160428takumikan.jpg

「京都の家具屋 カネカ家具」へお問い合わせはこちら

TEL:075-922-0075 E-MAIL:info@k-furniture.jp


■「KANEKAオフィシャルサイト」はこちら
shiro_s.JPG

■「匠ソファブランドサイト」はこちら
takumisofa_04.JPG



★ 下記のランキングに参加しています。

バナーをクリックし、応援して頂けると嬉しいです!更新の励みになります。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

新常識!座り心地の良い椅子の選び方

ka16012810.jpg

毎日座る椅子の選び方。
皆さんはどのように選ばれますか?

ダイニングテーブルや椅子を購入する時は、
引っ越しや新築の時が多いと思います。
引っ越し準備などでバタバタするため、
しっかりとした椅子選びができないのが実情ではないでしょうか?

例え、そういった時でも、納得できる椅子を選ぶ方法があります。

椅子を選ぶ際、まずは「デザイン」を選ぶことでしょう。
毎日使うものですから、気に入ったデザインの椅子を選びたいものです。

そして、
座った時の「サイズ感」も重要ですね。
床にしっかり足がつくかどうか?
テーブルとの高さのバランスはどうか?

ただ、このサイズ感については、
家族それぞれで体型も違うので、
完璧な選び方はなかなか難しいものです。


そういった中で、この基準で選ぶと失敗しない!!
という選び方をご紹介します。

それは、
「座り心地の良い椅子を選ぶ」ということです。

椅子の座り心地?当たり前では?
と思いがちですが、
そもそも、座り心地の良さはどの基準で選ぶのが良いのでしょうか?

ほとんどの方は、
・座った時のしっくり感
・背当たりの良さ
で感じられると思います。

もちろんそれは間違いではありませんし、
心地良い感覚は大切です。

しかし、もっと意識すべきなのは、
「椅子の座面」なのです。

食事の時間、或いはそれ以外でも、
ダイニングの椅子に座る時間は長いことでしょう。
長時間座っていて、疲れるか、疲れないかは、
座面の「体圧分散」がとても重要です。

底付き感がなく、
程良いクッション性で、体に負担のかからない座面は、
長時間座っていても違和感を感じることがありません。


椅子を選ぶ際、
少し長い時間座ってみること。
その際に、「座面を意識して座ってみる」ことが大切です。

「座面を意識して座る」と、
自分に合う硬さかどうか?
長時間座っていても疲れないか?
意識を向けることでわかってきます。

また、心地良いと感じた座面の椅子があれば、
その椅子と、別の椅子の座面を座り比べて下さい。
意識して座り比べることで、違いがはっきりとわかります。


そこで、
「座りにこだわる」匠ソファのソファコンシェルジュがオススメする、
「座り心地の良い椅子」をご紹介します。

ka1601281.jpg

飛騨高山のデザイナーズチェア、「タクミカンファニチャー」です。

ka1601284.JPG

座面が「ダイメトロール」という布バネを使用しており、
非常にクッション性が良く、底付き感を全く感じません。

また、タクミカンチェアは座面も一般的な椅子より、
約5cm広いので、ゆったりとくつろぐことができます。

ka1601282.jpg

特にその中でも、「TC-205Aチェア」は一番人気でオススメ!
デザインもきれいなのですが、
ハーフアームスタイルで、背あたりも、肘の高さも程良く、
長時間座っていても疲れません。



いかがでしたか?「座り心地の良い椅子の選び方」。
選ぶ視点を少し変えるだけで、
毎日が快適に過ごせる椅子が見つかりますよ。

「座り心地の良い タクミカンチェア」の紹介はこちら



「京都の家具屋 カネカ家具」へお問い合わせはこちら

TEL:075-922-0075 E-MAIL:info@k-furniture.jp


■「KANEKAオフィシャルサイト」はこちら
shiro_s.JPG

■「匠ソファブランドサイト」はこちら
takumisofa_04.JPG



★ 下記のランキングに参加しています。

バナーをクリックし、応援して頂けると嬉しいです!更新の励みになります。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0
月別アーカイブ
ブログ内検索
購読