TEL.075-922-0775 受付時間/10:00~19:00(火曜日を除く)

HOME  >  京の家具便り  >  匠ソファ開発ストーリーアーカイブ

匠ソファ開発ストーリーの最近のブログ記事

「匠ソファ」ラインナップヒストリー⑤/「モダン&ラグジュアリースタイルの登場」

2013年、「匠ソファ」のラインナップに加わったのが、「モダン&ラグジュアリースタイル」のソファ。
「SOFA GRVA」のような国産大型ソファの人気もあり、大型一体型ソファが続々登場しました。

「優雅なリラックスタイム/SOFA FSB

13091321.jpg_R.jpg

「SOFA GRVA」を超える、幅240cm、奥行き110cmの一体型大型ソファ。
デザインもかなりモダンなワンシート。
ソファの上で優雅な時間を過ごせそうな、グレード感たっぷりのソファです。

同時に、匠ソファファブリックもEグレード、Fグレードといったグレードと質感の高いライナップが加わりました。

「クールモダンなアイランドソファ/SOFA FRM」

13091322.jpg_R.jpg

FSBと同じ、幅240cmの一体型ソファです。
クールでモダンなデザイン、間仕切りにも使えそうなローデザイン。
匠ソファ独特の弾力あるウレタンクッションの座り心地を楽しめるソファです。

「エレガントな曲線美/SOFA EE」

13091324.jpg_R.jpg

匠ソファの新しい座り心地を取り入れた、丸みあるモダンなデザイン。
ややハイバックで硬めな座り心地は、これまでのフェザークッションの座り心地とは違ったもの。

2013年9月オープンの「匠ソファショップ東京青山店」はこのソファから始まります。


そして、オーセンティシティソファ待望の新作「ラグジュアリーソファ/タイプE」。

13091323.jpg_R.jpg

アームはさらに分厚くシャープに、後ろ姿にもこだわり、これまでのスリットではなくベンチタイプのデザインになりました。
丸みと傾斜を融合したデザイン、そしてタイプBⅡとタイプDを継承したアーティスティックなフレーム、
無垢ソファの最高グレードのソファです。


以上が、匠ソファのラインナップヒトスリーでした。
現在、匠ソファショップは、京都本店、大阪店、東京青山店の3店舗です。
これから匠ソファの第6ステージが始まります。
次のイメージは既に出来上がっておりますので、今後の匠ソファに是非ご注目下さい。


KANEKA(カネカ家具)のホームページはこちら

http://www.k-furniture.jp/ 

匠ソファブランドサイトはこちら

http://www.takumi-sofa.com/

★ 下記のランキングに参加しています。

バナーをクリックし、応援して頂けると嬉しいです!更新の励みになります。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

「匠ソファ」ラインナップヒストリー④/「オーセンティシティソファの導入」

「匠ソファ」第4ステージとして、匠ソファラインナップに加わったのが、「無垢ソファの別格的存在/オーセンティシティソファ」です。

「オーセンティシティソファ」とは、最高グレードの無垢材(8/4インチ<50mm厚>のFASグレード)をアーティスティックな加工で創り上げたフレームに、ハードタイプの深みあるクッションをセットしたソファで、「アーバンナチュラル」をコンセプトとしたソファブランドです。

これだけの職人技術が詰め込まれたソファは国内外探しても存在しません。
日本ならではの発想と技術が活かされた商品で、「未来のアンティークソファになり得るソファ」だと確信しております。


その中で一番人気のソファが、「建築物のような迫力/タイプBⅡ」です。

1309131.jpg_R.jpg

「SOFA RK」の繊細なデザインとは違い、どちらかというと男性的な迫力抜群のソファ。
お部屋の置くととても絵になる、「空間をデザインするソファ」なのです。

座り心地もゆったりとしていて、男性でも十分な奥行き感。
深みのある硬めの座り心地も人気の要因です。

そして、このタイプBⅡの原型モデルが、背面がカバーリングタイプの「タイプB」です。

1309132.jpg_R.jpg

オーセンティシティソファはこのタイプBから始まりました。

一本の木目を通したシャープなアーム。全体の無垢材からおよそ10%しか取れない美しい木目だけを厳選して作られています。
背面がカバーリングタイプなので、背クッションがダブルクッションの働きをし、「腰サポートクッション」の効果もありサポート力が抜群に良いソファなのです。


オーセンティシティソファの中で最もスタイリッシュなソファが、タイプCです。

1309133.jpg_R.jpg

匠ソファ全体の中でも奥行き82cmと最もコンパクト。
アート感溢れるフォルムはモダンな空間や、北欧テイストが好きなお客様から大人気です。
華奢に見えるフレームも、実は45mmもの分厚い無垢材を使用しているので、素材感は抜群です。
幅180cmのコンパクトサイズでも、アーム幅が狭いので広々と座ることができます。


オーセンティシティソファの進化形で、最もアーティスティックなデザインなのが「タイプD」。

1309134.jpg_R.jpg

特徴は両アームの彫刻のようなデザイン。
「職人泣かせ」の異名を取るタイプDは、デザイン性、希少性はオーセンティシティソファでもNo.1。
意外と女性に人気なソファなのです。


これらオーセンティシティソファが加わったことで、匠ソファのラインナップレベルが一気に高まったのは言うまでもありません。
そして、この後、「日本のハイグレードソファ専門店/匠ソファショップ」が大阪・北堀江に誕生いたしました。

次回は、「匠ソファ」の第5ステージをご紹介いたします。


KANEKA(カネカ家具)のホームページはこちら

http://www.k-furniture.jp/ 

匠ソファブランドサイトはこちら

http://www.takumi-sofa.com/

★ 下記のランキングに参加しています。

バナーをクリックし、応援して頂けると嬉しいです!更新の励みになります。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

「匠ソファ」ラインナップヒストリー③/「お客様の声をカタチに」

匠ソファは、サイズ変更だけでなく、お客様のお好みに合わせて座り心地さえもオーダーメイドできます。
匠ソファを販売していく中で、お客様の「もっとこういう感じにして欲しい」「こんなソファはないかなー」といったお声を多く頂戴しました。

そして、お声が多かったものを商品化し、匠ソファの新しいラインナップとして加えていったのです。
今回は匠ソファの第3ステージとして、そういったお客様のお声から生まれたソファをご紹介いたします。

匠ソファができたきっかけは、「腰痛の方にオススメのソファ/SOFA M」です。
まずは、「SOFA M」から生まれたソファを2タイプご紹介します。

「腰痛の方でも長時間座れるソファで、マンションなど狭い空間でも合うコンパクトなソファが欲しい」。

匠ソファの発祥地である京都では住宅事情の関係で、コンパクトなソファをお探しの方が多かったのです。
ただ、コンパクトでも満足できる広さのソファでなくてはなりません。

そこで、誕生したのが、「150cmのリラクゼーション/SOFA KK-002」です。

130912114.jpg_R.JPG

アーム幅と背のボディをできる限り薄く作り、優しく、愛らしいデザインに仕上げました。
コンパクトながら、男性でも十分満足頂ける奥行き感。
座面は程良く硬め、腰は「腰サポートクッション」でしっかりとサポートします。
「あまり大きなソファは置けないけど、良いソファが欲しい」という方に支持されるソファとなりました。

次に、「「SOFA M」の座り心地がいいけど、孫とかが遊びに来た時に危ないので、アームが無垢材でなくカバーリングタイプが欲しい」
というお声をカタチにしたのが、「SOFA KK-003」です。

130912115.jpg_R.jpg

こちらは「SOFA M」と全く同じデザイン、サイズ、座り心地です。
まさに、「腰痛の方にオススメのソファ」のオールカバーリングバージョン。もちろん、「SOFA M」同様、人気の定番ソファです。

そして、匠ソファの中でも最も座り心地にこだわったソファが、お客様のお声から誕生しました。

130912116.jpg_R.jpg

「座ったまま眠れるソファ/SOFA GFハイバック」
匠ソファの座り心地への飽くなきこだわりを感じるソファは、お客様の「頭まで支える、ハイバックソファが欲しい」という、シンプルなご要望から生まれました。
この「SOFA GFハイバック」ができるまでは、本当にこのご要望が多かったのです。

モダンデザインの「SOFA GF」を改良して出来上がったGFハイバックは、座った方のほとんどが「気持ちいい~」と言っていただけるソファ。
ご購入されたお客様から、「本当に座ったまま眠れました」というお声も頂戴しました。


そして、今回最後にご紹介するソファも、お客様のご要望がヒントで誕生したソファ。

130912117.jpg_R.jpg

「ソファの上でくつろぐソファ/SOFA GRVAカウチ」。

ド迫力のW2990 D2000の超大型ソファです。奥行き110cmの「SOFA GRVA」が大ヒットしたきっかけは、実はこのカウチソファができてからなのです。
国内ブランドのソファでは珍しいサイズ感が、「SOFA GRVA」の魅力を一層引き出す要因となり、カウチサイズ、3P、2.5Pサイズとあらゆるアイテムがお客様に支持されるようになりました。
現在ではオールカバーリングソファで一番人気です。


匠ソファのラインナップはこのように、お客様の声をカタチにして誕生していったのです。




KANEKA(カネカ家具)のホームページはこちら

http://www.k-furniture.jp/ 

匠ソファブランドサイトはこちら

http://www.takumi-sofa.com/

★ 下記のランキングに参加しています。

バナーをクリックし、応援して頂けると嬉しいです!更新の励みになります。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

「匠ソファ」ラインナップヒストリー②/「匠ソファの始まり」

前回ご紹介しました「KANEKAオリジナルソファ時代」を経て、2010年頃から「匠ソファ」とソファの呼称を改称し、新モデルが登場し始めました。

長らくオリジナルソファの定番モデルが続いていた中で、無垢フレームソファは「SOFA M」のみ。

そんな中で新しくデザイナー道畑氏から出来上がったデザインが、「後姿美人/SOFA RK」でした。

1309121.jpg_R.JPG

背面も美しく無垢フレームで仕上げたデザイン。背面からでなく、360度どの角度から見てもきれいなデザインで、パープル生地を張った印象から、「後姿美人」とネーミングしました。

ただ、背面が無垢フレームに変わっても、「SOFA M」のような心地良い座り心地を継承したい。

さらに、もうワンランク上の座り心地を実現したい。

こういったソファをイメージしておりましたので、背クッションは腰痛向けの「腰サポートクッション」、座面クッションは通常よりもハードタイプの「1㎥55kg」の高密度ウレタンを使用し、「無垢ソファの常識を覆す座り心地」を実現したソファ「SOFA RK」が出来上がったのです。

「SOFA RK」は質感やデザイン性だけでなく、コンパクトなサイズ感ながら広々と座れる利便性が人気を呼び、匠ソファの一番人気ソファへとなりました。


続いて、オールカバーリングソファから新たなデザインのソファが出来上がってきました。

1309122.jpg_R.JPG

「カッコ良さを求めたソファ/SOFA GF」です。
これまでのシンプルでベーシックなデザインから変化し、アームや全体に傾斜をつけ、立体的な表情を持たせたデザイン。
座り心地も「SOFA RK」同様の、ハードタイプのウレタンを使用し、深みのある硬めの座り心地を実現しました。

現在、「SOFA GF」はオールカバーリングソファの中では欠かせない定番モデルとしてたくさんのお客様に支持されています。


そして、その後誕生したのは、海外のソファを彷彿させるような「奥行き110cmのソファ」です。

1309123.jpg_R.jpg

現在オールカバーリングソファで断トツ一番人気の「ソファの上でくつろぐソファ/SOFA GRVA」です。
発売当初は、「圧迫感がありそう」「サイズが大き過ぎる」とのお声が大半だったのですが、これまでの「ソファに座る」という発想でなく、「ソファの上で色々なスタイルで過ごすソファなのです」とご提案したところ、共感頂けるお客様が増え、たちまちヒット商品となったのです。

ソファの使い勝手をうかがうと、「ソファの上で寝る」「ソファを背もたれにして床に座る」といった使い方をされる方が非常に多かったので、それならば「座面の広いソファならば、もっとソファを有効活用できる!」と思ったのが、この「SOFA GRVA」がお客様に支持されると確信したきっかけです。

以来、さらに進化した「SOFA GRVAカウチ」の発売もあり、「SOFA GRVA」は匠ソファの代表的なソファとなったのです。



KANEKA(カネカ家具)のホームページはこちら

http://www.k-furniture.jp/ 

匠ソファブランドサイトはこちら

http://www.takumi-sofa.com/

★ 下記のランキングに参加しています。

バナーをクリックし、応援して頂けると嬉しいです!更新の励みになります。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

「匠ソファ」ラインナップヒストリー①/「KANEKAオリジナルソファ時代」

「匠ソファ」のブランドサイト掲載の商品ラインナップは全28モデル。

現在、京都本店、大阪店、東京青山店展示の定番ラインナップは19モデルございます。

「匠ソファ」ブランドを展開する(株)カネカにて、匠ソファを導入したのが2003年です。
今回はこの10年の「匠ソファ」ラインナップヒストリーを、計5回に分けてご紹介します。

「匠ソファ」は10年の歴史から生まれたソファブランドです。
製造元の「ソファの匠」とともに商品の改良を重ねながら、「お客様の声」を具現化しながら、数々のソファが生まれました。

この歴史なしでは、「匠ソファ」は語ることができません。

「匠ソファ」の前身となるのが、「京都/KANEKA(カネカ家具)」で販売していた「KANEKAオリジナルソファ」です。

 
1309021_R.jpg
第1号として登場したのが、「正統派スタイル/SOFA KK-001」です。(現在は展示しておりません)
シンプルでベーシックなデザイン。包み込まれるような座り心地は匠ソファの基本的な座り心地です。

当時はまだ中国製のフェザーを使用していたため、湿気の多い時期には少し臭いがあることもありました。その後、業界でも類を見ない「ハンガリー産マザーグースフェザー」を採用し、現在に至ります。

当時から、クッションのウレタン比重は「1㎥50kg」がベース。座り心地と耐久性へのこだわりは当時から全く変わっておりません。
この頃のファブリックはA~Cグレードで、Aグレードが中心でした。ファブリック量も当然、現在ほど多くはありません。


1309022_R.jpg
「SOFA KK-001」と同時期に導入した、木枠フレームソファ「SOFA K」がデザイン変更し再導入したのが、「腰痛の方にオススメのソファ/SOFA M」です。2004年頃です。
3Pサイズ(幅198cm)と2Pサイズ(幅168cm)というサイズ展開だと、大き過ぎるか、少し小さいとの声が多かったのです。
そこで、2.5サイズ(幅183cm)の製作を依頼、現在では最も人気のあるサイズとなりました。
当時ベーシックなファブリックで張ることが多い中、「SOFA M」の定番カラーである「イエロー」を張ったことで目をひくようになり、少しずつ人気が出てきたのです。

そして、「腰痛の方でも長時間座れる」ように、座面クッションの改良を行い、インターネットを中心に「腰痛の方にオススメのソファ」として発売したところ大ヒットし、全国の腰痛でお悩みの方が次々と「KANEKA京都本店」へ来店されるようになりました。
これが、座り心地にこだわった「匠ソファ」の始まりです。

そして、「SOFA M」と同じぐらい座り心地に定評があったモデルがこちら、


1309023_R.jpg
「包み込まれる幸せ/SOFA X」です。
フェザークッションで心地良く包み込まれる座り心地は人気が高く、エレガントでモダンなデザインもあって、大ヒット商品となりました。
「SOFA X」か、「SOFA M」か、お客様はこの二つのソファを比較される方が大半だったのです。
「SOFA X」も3P(幅210cm)というサイズが大きく搬入が困難であったため、2.5Pサイズ(幅195cm)を発売、そしてマンションへも搬入できるように「アーム分解式別注」を行うようになりました。

このように、匠ソファは「お客様の声」やニーズに合わしながら、サイズや座り心地を常に改良し続けてきました。

これらのソファと一線を画したモデルがございました。

1309024_R.jpg
「ハイグレードモダンソファ/SOFA TBカウチ」です。
とにかくモダンでスタイリッシュなデザイン。そしてフェザーを含まない、最高密度のウレタンのみを使った座り心地は、国産最高グレードのソファにふさわしいものでした。
ウレタンクッションでこれだけ弾力があり、心地良く、そして体圧分散に優れたソファは他にはない、匠ソファの特徴の一つだと思います。

1309025_R.jpg
お客様より、「もう少しリーズナブルなソファが欲しい」とのお声から導入したのが、「リーズナブルな匠ソファ/SOFA KH」です。
匠ソファのクオリティそのままに、3Pサイズで30万円を切る価格設定。
ファブリック次第で表情が変わるシンプルなデザインは、現在も続くロングセラーモデルとなりました。

ご紹介したのは「匠ソファ」ブランドが誕生する前の、「KANEKAオリジナルソファ時代」のモデルたち。
当時KANEKAで取り扱った、たくさんの国内外メーカーのソファと比較できたからこそ、これらのソファの素晴らしさに気づき、後に「匠ソファ」ブランドへと繋がることとなったのです。

「ソファは座り心地と耐久性」。
この当たり前の感覚を、当時の「KANEKAオリジナルソファの時代」から、現在の「匠ソファ」まで変わらない信念として持ち続けております。

KANEKA(カネカ家具)のホームページはこちら

http://www.k-furniture.jp/ 

匠ソファブランドサイトはこちら

http://www.takumi-sofa.com/

★ 下記のランキングに参加しています。

バナーをクリックし、応援して頂けると嬉しいです!更新の励みになります。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0
月別アーカイブ
ブログ内検索
購読