TEL.075-922-0775 受付時間/10:00~19:00(火曜日を除く)

HOME  >  京の家具便り  >  無垢材ダイニングテーブル&チェア: 2010年10月アーカイブ

無垢材ダイニングテーブル&チェア: 2010年10月アーカイブ

「高山ウッドワークス」の爽やかなオーク材ダイニング

家具デザイナー岩倉榮利氏のブランド「高山ウッドワークス(旧 クラハウス)」の、
爽やかでコンパクトなダイニングセットをご紹介します。

ovaltable1.jpg

発売されて15年経っても色あせることのない「高山ウッドワークス」の家具。
特に100年使えるコンセプトで開発されたダイニングテーブル&チェアは人気です。

「高山ウッドワークス」の家具と言えば、
ウォールナットとオークのツートンカラー。
この組み合わせが印象的です。

今回入荷しました家具はオーク材のみで作られたもの。
出来上がったばかりの家具は上質な白木のイメージですごく爽やかです。
使っていくともう少し深みある、落ち着いた色に変化していきます。

ovaltable2.jpg

コンパクトなオーバル型のテーブルです。
都会のマンションや間取りの狭いお部屋にオススメのサイズ。
写真のテーブルはW1350 D900ですので、小さい感じはありません。

脚が写真のような位置についてますので、
円卓のようにそれぞれの顔が見えるように座ることができます。

丸みがあるので、小さなお子さんがいらっしゃるご家族のお宅にオススメです。

価格は、¥163,080(税込)で、天板をウォールナットにすることもできます。

もちろんサイズ違いもございます。

 

セットしているチェアのご紹介です。

sc4a1.jpg

1800年代のイギリスのウィンザーチェアを継承するデザイン。
木組みだけで作る伝統的な椅子は座り心地の良さだけでなく、例え壊れても修理が可能なのが特徴。

飛騨高山の特徴である曲げ木の技術が活かされた逸品です。

このウィンザーチェア、技術の高い飛騨高山だと4万円以上はしそうなもの。
この「SC4A sidechair」は何と税抜き¥38,000です。

海外製でなく、技術の高い飛騨高山のウィンザーチェアが3万円台なのは、
おそらくこの椅子だけではないでしょうか。
長年使えて、使う毎に風合いと愛着が生まれていく。非常にお値打ちな椅子だと思います。

そして、もう一つ、

sc1a1.jpg

座り心地に定評がある高山ウッドワークスのアームチェア。
人気の「SC3K captainchair」とは背のデザインが違います。
こちらは「SC1A armchair」。価格は、¥45,360(税込)です。

座面は「座グリ加工」といって、座板をお尻の形に削っています。
木の座面にかかわらず、ピッタリとお尻にフィットし座りやすいのが特徴です。

この「座グリ加工」を行っている国内メーカーはほとんどありません。

とはいえ、長時間座っていると痛い、冬場寒いなどのお声があるのも事実です。

そこで、ご紹介するのが「チェア用のクッション」です。

sc1a6.jpg

このクッション、かなりオススメです!!
椅子に合わせてクッションのサイズが選べ、張り地も自由自在。
クッション性が良く、座るとかなり心地良くいい感じです。

sc1a7.jpg

座り心地がさらに良くなります。
座面の高さも少し上がるので、小柄な方には特にオススメです。

sc1a9.jpg

裏面はこのようにノンスリップ加工されてますので、座ってて動くこともありません
クッションを置いてるだけなので、取り外しも簡単。もちろんカバーは洗濯できます。

チェアクッションの価格は、¥8,100(税込)~です。

※こちらは「高山ウッドワークス」のチェア用クッションです

座り心地をUPさせるアイテムとしてご活用下さい。

 

★ 下記のランキングに参加しています。

バナーをクリックし、応援して頂けると嬉しいです!更新の励みになります。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

KANEKA(カネカ家具)のホームページはこちら

http://www.k-furniture.jp/


 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0
  • 1
月別アーカイブ
ブログ内検索
購読