TEL.075-922-0775 受付時間/10:00~19:00(火曜日を除く)

HOME  >  京の家具便り  >  KANEKAの考え: 2012年5月アーカイブ

KANEKAの考え: 2012年5月アーカイブ

高山ウッドワークスのブラック塗装シリーズ入荷!イギリス・アーコール社、ウィンザーチェアのリ・デザイン!

デザイナー岩倉榮利氏のブランド「高山ウッドワークス」。発売以来17年ものロングセラーで今なお人気抜群の「ウィンザーチェアシリーズ」のラインナップに、
モダンな「ブラック塗装シリーズ」が加わりました。

wdc571_R.jpg
ウォールナット無垢材と相性抜群のブラック色。
これまでのウォールナット&オークのナチュラルでクラフトな雰囲気とは変わって、
シックでモダンな印象になります。
こちらの商品を紹介する前に、KANEKAのセレクトポイントについてお話します。
KANEKAのコンセプトは「長く愛着を持って使える家具」。
家具の中で特に劣化が激しく、消耗が早いもの、それがソファとチェアです。
毎日、毎日座って使うもの。
表面材はもちろんのこと、クッションや構造まで消耗していくのは安易に想像できます。
でも、実際お客様がソファやチェアを購入される際、
「そんな簡単には壊れない」
「最低10年以上使えて当然」
というお気持ちで購入されることでしょう。
しかし、残念ながら現実はそのようにはなりません。
お客様の「当然」と思う感覚と、
実際のソファやチェアの耐久は同じではありません。
KANEKAもこれまでの販売経験上、
特に安価なソファやチェアほど故障や不良になる可能性は高いものです。
一般的には様々なソファやチェアが販売されており、お客様の選ばれる選択肢はたくさんあります。
その中でKANEKAは、
「耐久性(頑丈さ)」「座り心地の良さ」「デザイン」
そして、「それに見合ったプライス」というものを物凄くこだわっております。
いつも言っておりますが、国産・海外問わず名だたる「ブランド」には全くこだわっておりません。
それは私たちが、「ブランド」と呼ばれる家具メーカーの考え方、品質、お客様に対するアフターの姿勢を知っているからです。

「本当にお客様のために」と思って物作りを行っているメーカーかどうでないかは、
私たち販売側は見ると良くわかります。
その中で、この「高山ウッドワークス」のウィンザーチェアシリーズは見事なものです。
KANEKAでは10年近く販売しておりますが、
「SC3K」や「W552」といった人気のチェアなど、
一度も壊れたことがありません。
(もちろん木製の椅子ですので、絶対というわけではありませんが)
しかも、昨今では木製チェアだと4,5万円以上が相場ですが、「高山ウッドワークス」のウィンザーシリーズは3万円台です。
国産で、10年保証で、耐久性抜群で、
座り心地の良いデザイナーズチェアがこの価格というのは、非常にリーズナブルなのです。
KANEKAではこれまで、本革やレザーのチェア、ファブリックのチェアなども扱ってきましたが、
やはり耐久性やアフターを考え、今では「高山ウッドワークス」を中心に、
お客様が長く安心して使っていけるチェアだけにセレクトを絞りました。
その「高山ウッドワークス」のウィンザーチェアをブラック塗装したシリーズを今回紹介いたします。
まずは、
イギリス・アーコール社の1950年代のウィンザーチェアのリ・デザインがこちら。
1205271_R.jpg
「WDC57-BK sidechair」(¥43,200)です。
エレガントでシャープなデザインラインが特徴なウィンザーチェアです。
2004年に「マーガレット・ハウエル」が自身のショップで復刻・生産されて話題になった、
アーコール社のチェアを、「高山ウッドワークス」によって日本風にアレンジされたのです。
wdc572_R.jpg
絵になるチェアなので、シンプルな無垢テーブルにはすごく相性が良いのです。
そして人気のアームチェアタイプがこちら。
1205272_R.jpg
「SC1A-BK armchair」(¥43,200)
「SC3K」と違い、背にシンプルなワンラインが特徴のアームチェア。
アームが前まで出過ぎていないのが使いやすいと評判です。
sc1a1_R.jpg
ブラック塗装シリーズのベースの樹種はオーク材。
木目を薄っすらと出しているので、ナチュラルな印象も残しております。
塗装も下塗り→中塗り→上塗りと行うので、簡単に色落ちすることもありません。
もちろん全て座面はザグリ加工されており、座りやすくなっています。
1205273_R.jpg
「SC4A-BK sidechair」(¥38,880)
飛騨高山産のウェインザーチェアが税抜で¥36,000はかなりのお買い得です。
ダイニングセットを検討されている方は、一度この「高山ウッドワークス」のブラック塗装シリーズをご覧下さい。

KANEKA(カネカ家具)のホームページはこちら

http://www.k-furniture.jp/ 

匠ソファブランドサイトはこちら

http://www.takumi-sofa.com/

★ 下記のランキングに参加しています。

バナーをクリックし、応援して頂けると嬉しいです!更新の励みになります。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0
  • 1
月別アーカイブ
ブログ内検索
購読