TEL.075-922-0775 受付時間/10:00~19:00(火曜日を除く)

HOME > ブログ > 匠ソファ > お客様の声から生まれた!「匠ソファ」ブランドヒストリー①

お客様の声から生まれた!「匠ソファ」ブランドヒストリー①

KANEKAが運営する国産ソファブランド「匠ソファ」。

匠ソファはどういったブランドなのか?
お客様より色々と聞かれることが多いこともあり、「匠ソファブランド」のについて詳しくご紹介いたします。

京都の家具専門店オーナーがお伝えする、「匠ソファ」ブランドヒストリーです。

始まりは2003年-
KANEKAオリジナルソファ
「SOFA KK-001」

1979年創業の婚礼家具専門店「京都・カネカ家具」が、婚礼家具の衰退に伴い、
インテリアショップへ移行している頃の2003年、オリジナルソファとして「SOFA KK-001」が入荷しました。
「KK」とは「カネカ家具」の頭文字。OEM製造ソファメーカーによって作られたソファとなります。

イタリア製ソファの品質を手の届く価格で

「SOFA KK-001」は、ベースにウェービングテープを使い、クッションに高密度ウレタンとハンガリーフェザーを使った、
イタリア製ソファの製造方法で作られた国産ソファ。

「ソファの本場、イタリア製ソファを、手の届く価格で」というOEM製造メーカーのコンセプトもあり、
販売価格は20万円後半でした。

ただ、高品質なソファはまだまだ市場に浸透しておらず、それほどお客様に選ばれるソファではありませんでした。

お客様のご要望に合わせたサイズ展開

2005年頃、さらに2台のオリジナルソファが入荷しました。



アームデザインがエレガントな「SOFA X」。アームを強調するために、ツートン張りで。



そして、ウォールナット木枠フレームの「SOFA M」。


しかし、オリジナルソファはそれでもお客様には支持されることは少なかったのです。

その理由の一つが、ある「お客様の声」で明らかになりました。
「サイズが大きい」のです。
展示サイズは、W2000前後か或いはそれ以上。戸建ての広い部屋に合わせたサイズです。

お客様ご希望の「SOFA M」は、W1980かW1680。
カネカ家具のある「京都」は間取りが狭く、W1980では大きくて入らない、といって、W1680は小さい。

当時のソファの売れ筋サイズは、W1800前後。
そこで、お客様の希望に合わせ、間のサイズのW1830で作り、そのサイズが正式にラインナップに加わったのです。


■京都府T様邸に納品した「SOFA M 2.5P(W1830)」

3Pでもない、2Pでもない、「2.5P」という中間のサイズです。

そして、この「中間サイズ=2.5P」をオリジナルソファの全ラインナップに導入することとなりました。


ソファだけでなく、家具のサイズは製造メーカーの意図で決められるのがほとんどです。
しかし、それは本当のお客様のニーズを捉えたものではありません。

お客様が求めるものは、お客様にしかわからない。
KANEKAでは、小売店として、お客様のニーズを反映することを常に頭においておりました。

お客様の声を活かしたサイズ展開を行った「KANEKAオリジナルソファ」は、
次第にお客様に支持されるソファへと変わっていくのです。


「匠ソファ」ブランドヒストリー②に続く

カテゴリ

月別アーカイブ

店舗情報

カネカ家具へのアクセスマップ

京都の家具屋 カネカ家具

〒601-8212
京都市南区久世上久世町605(久世橋西詰ダイエー隣)
TEL.075-922-0075
FAX.075-922-4634
Email.info@k-furniture.jp

■営業時間/10:00 ~19:00
■定休日/毎週火曜日
※火曜日が祝日の場合は営業いたします
※店舗裏側に駐車場スペースを用意しています

Googlemapで地図を見る
GoogleMapで地図を見る