TEL.075-922-0775 受付時間/10:00~19:00(火曜日を除く)

HOME > ブログ > TVボード&収納家具 > 普段使いのデザイナーズ桐箪笥「YOME-IRI-DANSU」

普段使いのデザイナーズ桐箪笥「YOME-IRI-DANSU」

着物を入れるためだけの、嫁入り道具としての桐箪笥ではありません。

『自分の大切なモノ』を一手に収納できる、普段使いの収納家具を、日本最高技術である「桐箪笥」で作りました。

日本のトップ家具デザイナー岩倉榮利デザインによる、
日本一の桐箪笥職人・加茂で作られる、デザイナーズ桐箪笥。

「YOME-IRI-DANSU」

商品詳細

「大切なモノを入れる場所はありますか?」

大切なモノを入れる場所はありますか?

お気に入りの洋服やバッグ、ジュエリーやアクセサリー、
そして、大切な着物など、大切なモノを大事に保管したいものですね。

そんな大切なモノを一箇所に収納できる家具を、日本最高の伝統技術である桐箪笥で作りました。

普段使いの桐箪笥

最も気密性の良い収納家具である桐箪笥。一定の湿度を保つだけでなく、防虫、防火性も高いので、古くから着物や衣服、貴重品に最適な家具として重宝されてきました。

その高い技術で作られる、最高の収納家具が、現代ではほとんど活用されていません。

「高い気密性と機能性を誇る桐箪笥を、普段使いの収納家具として使って欲しい」
という想いから、「YOME-IRI-DANSU」は出来上がりました。

お気に入りの洋服やセーター、また、バッグや財布など、桐箪笥に収納すると気密性が良いので長持ちします。

扉の内部は、取り出し可能な盆状の桐引き出しをご用意(4杯)。お気に入りの洋服だけでなく、大切なバッグなどを収納するのに便利です。

桐箪笥の引き出しは、奥行き、高さとも深く、たっぷり収納できるのが特徴です。
熟練の職人により、かんなで調整しながら削って絶妙なサイズで作られる引き出しは、使い勝手が良く、収納力も抜群です。

最上段左の引き出しは、ジュエリーやアクセサリーが収納できるよう、桐の仕切り板で分けられています。

モダンデザインの桐箪笥

和風で、重厚なイメージが強い桐箪笥。
しかし、今回は現代のモダンな家具や空間に合うように、
リビングに置いて、モダンデザインのソファともコーディネートできるような桐箪笥を、モダン家具デザイナー岩倉榮利が考えました。

斬新なカラーデザイン

4色にカラー分けした、斬新なカラーデザインの桐箪笥。
砥の粉(とのこ)の種類や、焼桐仕上げでカラー分けした、全く新しい概念の桐箪笥です。

モダンな空間に合うように、ボディやベースはグレートーンの焼桐を使用。

シンプルモダンな取手

シンプルでモダンなデザインの金具取手。
マット仕上げのダークグレーの取手が、さらにモダンな雰囲気を強調します。

美しい桐箪笥を使う

熟練の職人が一人で作り上げる、桐箪笥の美しさを存分に味わうことができます。

昨今は、カラーボックスなど、手軽で安価な収納家具が増えてきました。リーズナブルで手軽に購入できる洋服が増え、とりあえず収納できれば良いという風潮が当たり前になってきたからでしょう。



デザイナー岩倉榮利は話します。
「世界が真似したくても、絶対に真似できない家具が日本にはある。それが、日本最高技術である桐箪笥。」

材質自体が柔らかく、加工が困難な桐箪笥は、長年経験を積んだ桐箪笥職人にしか作れない最高技術。
桐箪笥は、湿度が多い日本の気候風土が生んだ、気密性と機能性に富んだ、素晴らしい収納家具です。

この伝統技術を残し、そして、普段から使って欲しいという想いから、「YOME-IRI-DANSU」は誕生しました。

商品ストーリー

最高の収納家具「桐箪笥」

日本では昔、女の子が生まれると桐の苗木を植え、嫁ぐ日にはその桐で嫁入り箪笥を作る風習がありました。
軽くて狂いが少ない桐箪笥は優雅な姿をいつまでも失うことのない一生ものです。

また、「身を焼いて、中身を救う」と、昔から桐箪笥はそのように言われています。
熱伝導率が低く、表面が燃えても内部までは燃えずに、衣類や貴金属は無事だったという話も多く残っています。

さらに桐は吸湿性があるため、湿気を吸い込んだ材が膨張し隙間をふさいで外気を遮断、乾燥時は材が収縮し通気を良くします。
また、防虫効果にも優れた特性を持ちます。

桐箪笥は衣服を大切に守る、まさに最高の収納家具と言うことができます。

日本一の桐箪笥産地「加茂」のプロジェクト

桐箪笥生産量の全国約7割のシェアを持つ、日本一の桐箪笥の産地「新潟県・加茂市」。
日本最高技術を、世界中の人々に知ってもらいたいという想いから、

2005年、国の支援を得て加茂商工会議所が事業主体となり、
「KAMO traditional WOOD japanプロジェクト」が始まりました。
日本のトップ家具デザイナー岩倉榮利の洗練されたデザインによって生まれた、新しい桐箪笥の技法を用いた家具。

そして2006年、
桐箪笥という伝統的な収納家具の優れた技法を、現代の家具に置き換え生き続けるというコンセプトが高く評価され、「グッドデザイン賞」を受賞しました。

カネカの新しいプロジェクト

1979年婚礼家具店として創業した「京都の家具屋 カネカ家具」。2000年頃までは、桐箪笥を中心に、婚礼家具を販売しておりました。

時代の流れに伴い、「和モダンなデザイン」を中心としたリビング・ダイニング家具を取り扱うようになり、2011年より国産オリジナルブランド「匠ソファ」を展開。

 



さらに2015年より、日本のトップ家具デザイナー岩倉榮利とのプロジェクトが始まり、「飛騨高山の流線美家具/タクミカンファニチャー」をブランドプロデュース。
2016年、「匠ソファ」のラグジュアリーモデル「RIAN-利庵」を発売。

そしてこの度、「加茂の桐箪笥×岩倉榮利」とともに、カネカプロデュースの「デザイナーズ桐箪笥」を発売することとなりました。

「普段使いの桐箪笥」をコンセプトに、販売価格も従来の高額な桐箪笥と比較し、抑えた価格設定を実現しております。

スペック・価格

産地:新潟・加茂
材質:桐材
仕上げ:砥の粉仕上げ+焼桐仕上げ

■幅1370 奥行き455 高さ850 ¥486,000
※価格は税込みです

<納期>
受注生産につき、約2ケ月


メールにてご購入を希望される方は、メールフォームにてご連絡下さいませ。確認の上、ご返信いたします。

メールフォームはこちら

取扱商品

  • 匠ソファ
  • タクミカンファニチャー
  • ダイニングテーブル&チェア
  • TVボード&収納家具
  • ベッド&マットレス
  • きもの家具

カテゴリ

月別アーカイブ

店舗情報

カネカ家具へのアクセスマップ

京都の家具屋 カネカ家具

〒601-8212
京都市南区久世上久世町605(久世橋西詰ダイエー隣)
TEL.075-922-0075
FAX.075-922-4634
Email.info@k-furniture.jp

■営業時間/10:00 ~19:00
■定休日/毎週火曜日
※火曜日が祝日の場合は営業いたします
※店舗裏側に駐車場スペースを用意しています

Googlemapで地図を見る
GoogleMapで地図を見る