TEL.075-922-0775 受付時間/10:00~19:00(火曜日を除く)

HOME  >  京の家具便り  >  KANEKAの考えアーカイブ

KANEKAの考えの最近のブログ記事

家具選びのポイント「家具は定番がオススメです!

本日は「KANEKAの考え」ということで、「家具は定番がオススメ!」というタイトルで書かせていただきます。

7月にリニューアルオープンしたKANEKAですが、ご来店のお客様より「かなり雰囲気が変わった」というお声をたくさん頂戴しております。

ただ、実のところ「匠ソファ」の台数は増えた以外、家具は以前と変わっていないのです。
しかも、展示している家具のほとんどがKANEKAの「定番家具」で、新しいデザインや流行の家具といったものはほとんどありません。


10年以上展示している家具もあれば、5年以上展示の家具も多数あります。
中には50年以上前に発売された「Yチェア」などもあり、特に斬新さを感じる新しい家具があるわけでもないのに、「どこか新しく見える・・・」。
ここに「家具選びのポイント」があります。


その前に「流行りの家具って何??」ということなのですが、
今でもネットではイームズやコルビジェなど昔からのデザイナーズ家具が人気ですし、北欧の家具の「Yチェア」や「セブンチェア」もインテリア雑誌に欠かせないアイテムです。また、アンティーク家具も根強い人気があります。

このことだけでもわかるように、「家具に流行はない」というのがKANEKAの考えです。
ベーシックな家具やデザイン性と機能性に優れた家具であれば、後はコーディネート次第で新しくも見えるし、自分流にもできるということです。

KANEKAでは、「家具には流行はない」けれど、「コーディネートには流行がある」と考えます。

それともう一つ、
「決して新しく出てくる家具が良いというわけではない」ということ。
これは、「家電」と「家具」を比べるとおもしろいです。

個人的な話なのですが、5年前に10万円で買ったビデオカメラが突然壊れました。
保存媒体は「8cmDVD」(使いづらい)で、中のハードディスクにもデータが残っています。
これを修理に出すと結構な費用がかかるし、何より3万円ぐらいでもっと品質の良いビデオカメラが出ています。しかも、保存媒体も使いやすい。たった、5年でこれだけの変化です。

また、ノートパソコンも買い替えました。5年前は20万円以上したのが、今は性能も数段良くなり6~8万円程度です。たった、5年です。

5年も経つと「家電」は驚くほど進化していきます。便利な反面、耐久性の部分ではかなりユーザー泣かせの面もあります。

このたった5年、「家具」はどうでしょう。今の家具は5年前の家具と比べて良くなっているでしょうか。
中には品質が上がっているものもありますが(メーカーの企業努力)、現実は5年前より海外で作られた安価な家具が溢れかえっています。
「同じ品質のものが安くで手に入るようになった」のかもしれませんが、決して5年前、10年前より品質の高い家具が増えたわけではありませんよね?

逆に何年も前から販売している「定番家具」の方が実績もあり、品質も優れていることが多いのです。

「家具は長く愛着を持って使うもの」
「家具に流行りはない」
という考えで商品セレクトをしているのが現在のKANEKAです。

家具の「品質」という「実績」、そしてお客様のニーズ、そして私たちが「本当の良いと思える家具」。ここれらをセレクトの指針としておりますので、お客様には「安心」して家具を見てもらえると思っております。

KANEKAが考える「家具選びのポイント」、
それは、「実績のある、上質な定番家具を選びこと」です。



■発売されて17年経つ「高山ウッドワークス」のダイニング

1109041.jpgKANEKAで取扱いを始めて9年ほど経ちますが、商品の不良が一度もない品質の高い家具です。


■「匠ソファ」の一番人気「SOFA M」

1109042.jpg発売して9年、改良を重ねながら「座り心地」の向上を目指し、今では不動の一番人気のソファです。



★ 下記のランキングに参加しています。

バナーをクリックし、応援して頂けると嬉しいです!更新の励みになります。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

KANEKA(カネカ家具)のホームページはこちら

http://www.k-furniture.jp/ 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

日本の職人技術の継承

昨晩のKBS京都テレビ「京bizS」にて「匠ソファショップ KANEKA」が紹介された後半で、「日本のものづくり」というテーマが取り上げられていました。

「匠ソファ」の「感動する座り心地」を一人でも多くの方に伝えたいと同時に、

日本の職人技術の凄さも同時に伝えたいと思っています。

 

家具市場の現状をご存知でしょうか?

大手家具店、世間を賑わすような大型チェーン店の家具のほとんどが「海外からの輸入の家具」なのです。

おそらく皆さんが家具店で目にする家具の多くはアジア諸国を中心とした海外で作られている家具なのです。

なぜ海外からの輸入家具が多いかというと、もちろん「コストが安い」からです。

 

一方で国内の家具製造メーカーがどんどんなくなっている現状があります。

腕のいい職人さんが減っていき、本当に質の良い家具を作るところがなくなっていってるのです。

このまま続くと、国内で手に入る家具のほとんどが海外製になってしまい、日本の高度な職人技術は継承されません。

 

昨日もテレビでお伝えしたように、 「匠ソファ」は日本の高度な職人技術の結晶のようなソファです。

KANEKAで取り扱う他の家具も全て国産なのですが、職人の凄みを最もしっかり伝えられるのはこの「匠ソファ」だと思っています。

 

職人の技術がたくさん詰まった「匠ソファ」を是非「匠ソファショップ KANEKA」でご覧下さい。

 

↓「匠ソファ」を作る職人たち

1108135_R.jpg

 

1108136_R.jpg

 

  1108134_R.jpg

 

1108133_R.jpg

 

先日訪れた「木の匠」の工場にて

1108131_R.jpg「SOFA RK」が作られていました。

 

1108132_R.jpgこちらは腰痛の方にオススメのソファ「SOFA M」のフレームです。

  

★ 下記のランキングに参加しています。

バナーをクリックし、応援して頂けると嬉しいです!更新の励みになります。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

KANEKA(カネカ家具)のホームページはこちら

http://www.k-furniture.jp/ 

  • Comments (Close): 1
  • TrackBack (Close): 0

「匠ソファ ブランドサイト」(新ホームページ)がオープンしました!

「匠ソファ ブランドサイト」(新ホームページ)がオープンしました!

まだ仮オープンのため、更新できていないページもありますが、

「匠ソファ」のことがより詳しくわかるホームページになっております。

 

↓こちらをクリック下さい。

http://www.takumi-sofa.com/

 

KANEKAホームページとともに、匠ソファブランドサイトも今後どんどん更新していきますので是非ご覧になって下さい。

 

新サイトトップページ.jpg 

★ 下記のランキングに参加しています。

バナーをクリックし、応援して頂けると嬉しいです!更新の励みになります。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

■「匠ソファ」のホームページはこちら

http://www.takumi-sofa.com/

■KANEKA(匠ソファショップ KANEKA)のホームページはこちら

http://www.k-furniture.jp/


 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

リニューアルした「匠ソファショップ KANEKA」をご紹介!

ハイグレードソファ専門店としてリニューアルして2週間が過ぎました。

国内で類を見ない、ハイグレードソファ「匠ソファ」が20台以上並ぶ「匠ソファショップ KANEKA」をご紹介いたします。

 

今回でリニューアルで最も変わったことと言えば、

「全館、靴を脱いで入場いただくこと」です。

匠ソファを体感頂くのに、靴を履いたままソファに座って頂くことに違和感がありました。

家でくつろぐ時と同じような感覚でソファを体感して欲しいとの想いがあります。

11071621.jpg店内に入ると靴を脱いでスリッパに履き替えて頂くスペースを広くご用意しております。

ウインドウ側で爽やかなブルーのファブリックに身を包んだのが、新導入ブランド「オーセンティシティ ソファ タイプC」です。

まず、匠ソファの洗練されたウッドフレームソファでお出迎えさせていただきます。

 

11071622.jpg1階です。以前よりかなりすっきりしたイメージになりました。

1階はモダンや和をテーマにした空間になっています。 「オーセンティシティ ソファ」全ラインナップや、ハイグレードモダンな大型カウチソファ、本革ソファなどが並びます。

 

11071623.jpgウインドウから夏の眩しいばかりの日差しが入ってくる明るいフロア。

手前に背面が見えるソファは、「最高グレード/SOFA TB」。

ソファ前には全て遊牧民の手織りじゅうたん「ギャッベ」を敷いております。

ソファにくつろぎながら、脚元はギャッベの温もりを感じることができます。

 

11071624.jpgモダンなソファと天然木のダイニングセットをコーディネートしております。

ダイニングの下に敷かれているのは「オールドギャッベ」。これがモダンな空間にはマッチします。

 

11071625.jpgそして「京都らしさ」を表現した和の畳フロア。市松に敷かれたモダンなブラック色の畳と、京唐紙の襖を合わせています。

その上には「ウッドフレームソファの別格的存在/オーセンティシティ ソファ」を中心とした、上質で温かみのあるコーディネート。

 

11071626.jpg彫刻のような美しさ「オーセンティシティ ソファ タイプD」の奥はひょうたん柄の京唐紙の襖。

紫色のファブリックと朱色のひょうたん柄のコントラストが京都らしい。

 

11071627.jpg2階は匠ソファとTVボードやギャッベ、ダイニングセットなどコーディネートしたフロアとなっています。

1階と比べて天然木を中心とした温かみあるフロアになっております。

色艶やかなギャッベやファブリックは見応えがあります。

 

11071628.jpg中央のイエローのファブリックのソファが、KANEKAでNO.1人気の「腰痛の方にオススメのソファ/SOFA M」です。

そして、その左奥には「後姿美人/SOFA RK」があります。

匠ソファの中でも1階は新入荷のものが多く、2階には従来の人気ソファが中心です。

 

11071629.jpg匠ソファのセールスポイントの一つでもある「約120種類ものイタリア製ファブリック」。これまでより大きなファブリックサンプルを揃えておりますので、かなり選びやすくなりました。

一堂に並びますと、特にBグレード以上のファブリックの上質さが一目で感じられます。

 

110716210.jpg匠ソファと是非コーディネートしてほしいのが、「ギャッベ」です。

今回のリニューアルのために新たに仕入れた自信作ばかりです!ショップの空間に合うもので、ソファ毎にセレクトしましたので、ソファとギャッベのコーディネートも楽しんで下さい。

ご来店されたお客様や業者の方が、「以前よりかなり明るくなった」と皆さん言っていただけます。これはギャッベ効果もあるのです。草木染めのギャッベは化繊のじゅうたんでは出ない色の艶やかさがあります。

 

以上、簡単ですが「匠ソファショップ KANEKA」をご紹介いたしました。

これから随時新商品などもご紹介していきます。

 

ハイグレードソファ「匠ソファ」がゆったりと体感できるショップです。是非一度ご覧になってみて下さい。

 

 

★ 下記のランキングに参加しています。

バナーをクリックし、応援して頂けると嬉しいです!更新の励みになります。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

KANEKA(カネカ家具)のホームページはこちら

http://www.k-furniture.jp/


 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

「匠のソファ」納品事例074/「SOFA X 3P」

本日、京都市中京区I様邸に、「SOFA X 3P」をお届けしてきました。

 

1106161.jpgモダンな空間にピッタリの「SOFA X」。サイズは210cmの3Pですが、マンションでそのままのサイズでは納品ができないので、「アーム片肘分解式」で納品いたしました。

現場で肘を取り付け、ファブリックを被せます。

 

I様カップルは色々と家具屋さんをまわりソファを見られましたが今一つピンとこなかったようです。そんな時に当店へご来店され、この「SOFA X」の座り心地を一目で気に入られました。

「SOFA X」はゆったりとした奥行きと、包み込まれるような座り心地が特徴です。

じわ~っと沈んでいく感覚がなかなか他のソファでは味わえません。

 

1106163.jpgI様の「SOFA X」は実は脚を2cm高くされています。

これは「ルンバ」を使用されるためです。なるほど!今や仕事で忙しい方に「ルンバ」は必須アイテムです。ルンバがソファ下をきれいに掃除してくれるには、それに適した高さが必要ですね。

これからは、「ルンバ対応」も考えたいと思います。

I様、素敵なアイデアありがとうございます!

 

1106162.jpgファブリックの色はツートンなのですが、季節によってクッション部分を替えられます。

今は涼しげな明るいベージュ色ですが、冬場は同じシリーズのパープルにされます。

パープルになるとまたシックな印象になりそうですね。

 

1106164.jpg本体は締まった色の「Tシリーズ」のブラック色です。(写真右)

 

1106165.jpgクッションは柔らかな触り心地と表情が素敵な「BSシリーズ」のベージュ色です。(写真左から2番目) 冬場はパープル色。(写真右から2番目)

 

以前なら諦めていた210cmソファのマンションへの納品。

お部屋には置けるのに搬入経路の問題でこれまではサイズを一つ小さくしておりました。

何度も、「マンション業者の方、搬入のこと考えて欲しいなー」と思ったものです。

でも、今では肘の分解式で搬入することでほぼ完璧に納品ができております。

本気でお客様のことを第一に考える「匠」の姿勢に感謝です。

 

 

(以下はカテゴリ「KANEKAの考え」です。)

少し話はそれますが、「匠のソファ」しかり、TVボードなどを製作する「匠の収納家具」しかり、両方の職人さんはまず「お客様第一」で考えてくれます。

家具の製造メーカー、或いは卸メーカー全てが「お客様第一」で考えてるとは思えない現状が多々あります。その姿勢を直接お客様に伝えるわけにはいかないので、我々のような小売店がそのメーカー姿勢を隠し、我々の責任でお客様と接しております。

では、なぜこういった姿勢のメーカーが多いのでしょうか?

「売上優先」「効率優先」だからです。

それってお客様に関係ないことですよね?

企業として「売上」は会社の継続上、「当たり前」のことです。それを優先することは、その企業のただのエゴに過ぎません。

家具メーカー、卸メーカー、小売店問わず、そういう企業で溢れかえっています。

まあ、色々な考えがあって良いとは思いますが、我々KANEKAはそうは考えません。

まず、お客様にとって価値ある商品の提供を考えています。そして、できる限りの対応はさせていただきたいと考えます。

その証明が、家具の「10年保証」「5年保証」の考えです。メーカーは1年しか保証してくれません。我々は自分たちの責任で販売させていただいた家具の保証をいたします。

この私たちの考えと同じ考えなのが、

KANEKAオリジナル家具を作る「匠のソファ」や「匠の収納家具」の職人さんたちです。

名前を全面に出さない小さなメーカーさんですが、「本当に良い物を作る」という心意気はどこのメーカーにも負けないでしょう。その想いを我々はこれからも伝えていきたいと思います。

 

                                 KANEKA 代表 金山信隆

 

★ 下記のランキングに参加しています。

バナーをクリックし、応援して頂けると嬉しいです!更新の励みになります。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

KANEKA(カネカ家具)のホームページはこちら

http://www.k-furniture.jp/


 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0
月別アーカイブ
ブログ内検索
購読