TEL.075-922-0775 受付時間/10:00~19:00(火曜日を除く)

HOME  >  京の家具便り  >  KANEKAの考えアーカイブ

KANEKAの考えの最近のブログ記事

お客様の声/匠ソファ(68)「本当に良いソファを購入できたと喜んでいます」

本日の「お客様の声/匠ソファ」は、兵庫県神戸市K様です。

ご購入頂いた匠ソファは、「包み込まれる幸せ/SOFA X 2.5P」です。
座面を「SOFA M」仕様に変更されています。

13042722.jpg
1304274_R.jpg
「長時間座っていても疲れなさそうな座り心地」
と、お気に入りのポイントにあげられ、
「奥行きが深く、しっかりゆったり座れる」とのお声を頂戴しました。

匠ソファの中では座り心地の良さに特に定評のある「SOFA X」。
奥行きは深いが、座高は抑えめ、体全体を包むような座り心地です。

K様の、「しっかりゆったり座れる」というのは「SOFA X」の座り心地を説明するのに最も適した表現なのかもしれません。
座面を人気の「SOFA M」仕様に変更されているので、K様にとってさらに理想的な座り心地になったのではないでしょうか。


K様も確か他のソファも比較検討されたかと思います。
その上で、
「本当に良いソファを購入できたと喜んでいます」と言って頂けるのはとても嬉しいです。

ソファはピンからキリまでありますし、選ぶのが非常に難しいアイテムの一つだと思います。
「10万円のソファとどう違うのですか?」
「20万円のソファとどう違うのですか?」
実のところ、一番多いご質問かもしれません。

しかし、このご質問にはハッキリとお答えできます。
なぜかというと、
「KANEKA(匠ソファショップ)が、長年国内外のあらゆるソファを扱ってきたから」です。
全ては実績に基づいてお話しできます。

一番の違いは、
「素材と構造、そしてソファ作りの考え方」です。
これが、ダイレクトに価格に比例します。

ここが違うと、一体何が違うのでしょうか?
それは、
「座り心地」と、
「耐久性」です。

「座り心地」は個人の好みの差がありますが、匠ソファをお選び頂く中で一番評価を頂くのは「座り心地の良さ」です。

そして、10年後、いや、5年でわかる場合もありますね。
「耐久性」は目に見えてわかります。
匠ソファへの買い替え理由で最も多いのが、「使っていたソファがへたった」です。

20年、30年と使っていけるソファはそれ相応の「素材」と頑丈な「構造」が必要なのです。

1304275_R.jpg
座り心地の要、「ウェービングテープ張り」。匠ソファほど密に張っているソファはございません。
体圧分散はこのおかげです。

1304276_R.jpg
長年プロポーションが崩れない「ボディの高密度ウレタン張り」。この純白のウレタンは、1㎥40kgのものを使用。とんでもないウレタンです。

1304278_R.jpg
1304279_R.jpg
「SOFA X」の内側は背もたれとしても使うので、かなり分厚く張っていますね。


ちなみに当ブログはソファ職人も見ています。
私たちだけでなく、ソファ職人も、「お客様の声」が一番の励みとなります。


KANEKA(カネカ家具)のホームページはこちら

http://www.k-furniture.jp/ 

匠ソファブランドサイトはこちら

http://www.takumi-sofa.com/

★ 下記のランキングに参加しています。

バナーをクリックし、応援して頂けると嬉しいです!更新の励みになります。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

匠ソファのプロポーションが長く保つ秘訣!

「ソファのプロポーション」。
ソファを選ぶ時に考えたことがありますか?

「10年、20年、それ以上使っても、ソファのボディのプロポーションが崩れない」
これが匠ソファのスタンダードです。

一般のソファと比べて、「匠ソファはオーバースペック」と称されることもあります。

事実、目に見えない部分への素材や構造はずば抜けています。
ソファコンシェルジュが驚愕!した、その一部をご紹介しましょう。

1303301_R.jpg
木組みされたソファのボディには必ずウレタンが張りめぐらされます。
表面材がきちんと張り込めるだけでなく、ソファに体が触れた時に木部を感じるのを防ぐ意味もあります。
何より、長く使っていく上でこのボディのウレタンがへたったら、ソファのプロポーションは大きく崩れてしまいます。

まずは、上の写真をご覧下さい。
純白の分厚いウレタンが職人によって張られているのがわかりますね。
厚みは5cmを軽く超えるのがわかると思われますが、このウレタンの比重は1㎥40kgのものです。

この何が驚愕なのか??

ウレタンには上記の写真のような純粋なウレタンフォームもあれば、
圧縮してコストを抑えた硬い「チップウレタン」があります。

一般的なソファの多くは、座面にこの「チップウレタン」が使用されています。
当然、コストと耐久を意識してのことですが、座り心地としては硬いので、主に低層部に使用されます。

匠ソファの座面クッションには「チップウレタン」を一切使用しておりません。
これはまた別の機会に話すとしましては、
匠ソファの座面クッションは、業界でも類を見ない、1㎥50kgをベースに、40kgの高密度ウレタンを惜しげもなく使用します。

一般的には1㎥30kgでも高密度ウレタンとなり、耐久性もそれほど問題はありません。

単にウレタンの比重だけを比較してソファの良し悪しを決めるのは早計ですが、
家電でも自動車でもスペック比較があるように、スペックは本来情報開示すべきものだと考えます。

1303305_R.jpg
匠ソファのボディには、座面で使用するのも珍しいほどの比重のウレタン「1㎥40kgの高密度ウレタン」を全体に張り込んでいるのです。

一般のソファから見ると、
「なぜ、そこまでする??」と思うのではないでしょうか?
現に、私たちも最初見た時に、「そこまでやるのか!?」と驚愕しました。

ソファの匠は、
「一生涯使うためには、こうやってボディのプロポーションが崩れないようにすることが大事。
逆に、ここまでしなければ本物のソファは作れないのですよ。」

続けて、
「家で、ソファのボディに座ること、あるでしょ?
それも想定しているのですよ。」

私たちもあらゆるソファを扱ってきて、製造現場も見て来ましたが、
このような考えでソファを作っている職人は初めてでした。

1303304_R.jpg
これは「SOFA X」のアームですね。
良く見ると、分厚いウレタンの下には超高密度のチップウレタンが見えます。

「念には念を」の職人精神が見てとれます。


「ソファのボディに座ってしまう」。
これは日常で良くあることですね。

余談ですが、私は子供を抱いたまま、ある国産ブランドのソファのボディの背に腰かけて、ソファがひっくり返ったことがあります。
もちろんお尻から腰を痛打し、一ヶ月ほど痛みが取れませんでした。
子供が怪我しないだけ良かったのですが・・・。

ソファのボディのウレタンが薄く、木部に当たってしまうこともあれば、
私のように、ソファ自体が軽く、バランスが悪いために、こういった事故があることもあります。

ソファのボディは表面材に隠れてわかりませんが、
内部構造や素材がどれだけ大事かわかってもらえるのではないでしょうか?


最近ではインターネットでソファの内部構造が製造工程が明確に出されていることが多いですよね。
それを見て、
「すごい!」と一瞬、感じると思います。

でもそれは別に全く特別なことでなく、当たり前のことで、ただ「見せている」だけです。
ソファがオブラートに包まれたものなので、普段誰も目にしないので、見ても何もわからないだけです。

ただ、私たちのように、ソファの中身の違いを知ってしまった以上、本物を伝える使命があると感じています。

ご承知のように、職人さんって「凄いことを当たり前のようにするのに、伝えるのは上手くない」。

私たちソファコンシェルジュは、ソファの販売のプロとして、匠ソファを通じて「本物のソファ」を伝えていきたいと思っています。

「匠ソファ」が生まれたのも、その想いが始まりですね。

1303302_R.jpg
ソファの匠は、毎日、毎日、「世代を超えて愛されるソファ」を製造しております。

その凄みを今後もお伝えしていきたいと思います。



匠ソファブランドサイトはこちら

http://www.takumi-sofa.com/

★ 下記のランキングに参加しています。

バナーをクリックし、応援して頂けると嬉しいです!更新の励みになります。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
にほんブログ村


  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

お客様の声/匠ソファ(49)「消耗品であるソファが何十年と長く使える」

本日の「お客様の声/匠ソファ」は、神戸市灘区A様邸です。

ご購入頂いた匠ソファは、「建築物のような迫力/オーセンティシティソファ タイプBⅡ 3P ウォールナット」と、「後姿美人/SOFA RK 1P ウォールナット」のセットです。

1303091.jpg
先日も納品事例ブログでご紹介しましたA様邸。
最初はインターネットで「高山ウッドワークス」のLDチェアをお問い合わせ・ご購入頂き、その後「匠ソファショップ大阪店」にご来店頂きました。

1303093_R.jpg
白く明るい空間に匠ソファの無垢ソファセットがとても良く映えます。
ソファコンシェルジュがレイアウトアドバイスをさせて頂いたことも大変お喜び頂けました。

1303092_R.jpg
匠ソファをお気に入り頂いたポイントは、
「10年保証、消耗品であるソファが何十年と長く使える点」。

匠ソファのコンセプトは、「世代を超えて愛されるソファ」。
消耗品であるソファを消耗品で終わらせず、20年、30年とファブリックを替えたり、メンテナンスしながら世代を超えて使っていくことを考えたソファです。

このコンセプトの元になっているのが、KANEKAの「アフターフォローシステム」です。
メーカー保証(通常1年)を超えた最大10年保証を独自に設定し、下取りサービスまで取り入れた、業界では類を見ないサービスです。

このサービスを実現するには、家具やソファの「本当」の耐久性を知ることが必要です。
KANEKAでは長年の経験から、自信を持った家具・ソファ選びを行っております。

KANEKAのオリジナルブランド「匠ソファ」。
「匠ソファショップ」は専門の「ソファコンシェルジュ」のいる「ソファ専門店」です。
日々匠ソファの座り心地を探求し、お客様の座り心地の合ったソファを的確にご提案し、「10年保証」を初めとするアフターサービスで匠ソファオーナーに安心してご使用頂けることを考えております。





KANEKA(カネカ家具)のホームページはこちら

http://www.k-furniture.jp/ 

匠ソファブランドサイトはこちら

http://www.takumi-sofa.com/

★ 下記のランキングに参加しています。

バナーをクリックし、応援して頂けると嬉しいです!更新の励みになります。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

「匠ソファ」納品事例199/「SOFA RK 3P ウォールナット」

兵庫県宝塚市U様邸に、「SOFA RK 3P ウォールナット」と別注オットマンをお届けしてきました。
先日、「高山ウッドワークス」のダイニングセットをお届けしご紹介させて頂いたお客様です。

12120921_R.jpg
▲見た感じ、ハイバックのウッドフレームソファに見えますね。ヘッドレストとオットマンをセットし、U様のオリジナルソファの出来上がりです。

12120922_R.jpg
▲腰痛持ちのU様は「SOFA GFハイバック」のボルスター(腰サポートクッション)も購入されました。

「匠ソファショップ 大阪店」で匠ソファを選ばれたU様。
ソファ専門店らしい、オリジナリティ溢れるソファ選びです。

早速U様からお礼のメールが届きましたのでご紹介いたします。

匠ソファショップ 福田様

お世話になっております、Uです。

本日、ソファ届きました。オットマンのサイズ等

実際に見てみないと分からないものに多少不安は

ありましたが、全く問題ありませんでした。

早速ソファに座ったまま撮り貯めていたドラマ

を見たり、本を読んだりしています。ずっと

座っていても腰が痛くなりません!ボルスターの位置が本を読む時に肘を置くのに丁度良い

感じでコレは予想外でしたが、ボルスター付けて

良かったです。

別注したオットマンも普段は並べてスペースを

節約するのに良い感じです。オットマンは一個

だと確実に取り合いになったと思うので、この

サイズに作成していただき、ありがとうございました。

良いソファを紹介いただき、ありがとうございました。


12120923_R.jpg
新築マンションへの引っ越しで、今回初めてソファを購入されたというU様。
大手家具店にもソファを見に行かれたが、良いソファがなかったようです。

そこで「ソファ 腰痛」でインターネット検索した時に、匠ソファが見つかり大阪店にご来店頂けました。
腰痛持ちのご主人様にとって、ソファ選びは大変重要なことなのですね。

12120925_R.jpg
そして匠ソファの「座り心地」を特に気に入って下さり、「後姿美人/SOFA RK」に、ヘッドレスト、ボルスター、別注オットマンを追加され、自分好みの座り心地にされました。

ソファはずっと欲しかったとのことですが、腰痛がネックで購入を悩んでられたようです。

12120926_R.jpg
通常68×60cmのオットマンですが、場所が狭いからと小さめにサイズオーダーされました。
サイズは68×40cmです。
これが非常に良いのです!!
実際脚置きに使用することの多いオットマンが大きいと使いづらい。
特にマンションではコンパクトであればあるほど嬉しいものです。

ソファコンシェルジュ一同が感動したこの「コンパクトオットマン」!
これは商品化に向けて検討していきたいと思います。

12120924_R.jpg
お客様から「ウッドフレームソファでハイバックはないのですか??」と聞かれます。
納品のことや構造から考えて難しいのですが、
U様のようにすると、ハイバックソファになりますね。
このように、後姿のデザインもきちんと見えます。

12120930_R.jpg
ファブリックは起毛した肌触りが心地良い「BMシリーズ」のネイビー色です。(写真左から4番目)


「匠ソファ」はお客様と一緒に歩んでいくソファブランドだと思っています。
お客様のお声、ご要望、アイデアはいつも次の開発のアイデアとなります。

「ソファ選びが良くわからない」と露頭に迷うお客様が多いほど、匠ソファショップのような本物のソファを提供する「ソファ専門店」が必要だと感じます。

家具店に並ぶソファは、あらゆる家具の中の「一部」に過ぎません。
高級ブランドにラインナップされるソファも、ラインナップの「一部」に過ぎません。
でも、「ソファ専門店」のソファは、全てのソファが「主役」です。ソファコンシェルジュはソファ選びのプロですので、当然お客様にご提案する内容のレベルも知識の豊富さも違います。
全ては、お客様に「一生涯、共に過ごせるソファ」をご提供するためだと考えております。


1212021_R.jpg

KANEKA(カネカ家具)のホームページはこちら

http://www.k-furniture.jp/ 

匠ソファブランドサイトはこちら

http://www.takumi-sofa.com/

★ 下記のランキングに参加しています。

バナーをクリックし、応援して頂けると嬉しいです!更新の励みになります。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

お客様の声/匠ソファ(34)「息子の家で使っていて、大変良いと聞いた」

本日の「お客様の声/匠ソファ」は、京都市北区Y様邸です。

ご購入頂いた匠ソファは、「腰痛の方にオススメのソファ/SOFA M 2.5P ウォールナット」です。
「腰サポート強化」別注もオーダーされました。

1211224.jpg
「息子の家が使っていて、大変良いと聞いた。」と、
顧客様であるY様からのご紹介でご来店頂きました。

息子様は2年前に「包み込まれる幸せ/SOFA X」をご購入頂いており、奥様のご両親が「SOFA GFハイバック」、そして息子様のご両親が今回の「SOFA M」をご購入頂いたのです。

匠ソファの座り心地をお気に入り頂き、その良さをお伝え頂いたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

そして今回お求め頂いた「SOFA M」。何度もこのコーナーに出てきているように、腰痛の方からは圧倒的な支持を集めております。
それだけでなく、座り心地が良く、デザインもシンプルなので、年齢を問わずオールジャンルの方から人気があります。

1211221_R.jpg
「SOFA M」は匠ソファの始まりとも言えるソファです。
発売して9年が経ちますが、当時はそれほど支持されるソファではありませんでした。

座り心地は当時から良かったのですが、KANEKAではモダンなソファや本革ソファ、スタイリッシュなソファなどが人気があったように思えます。

「匠ソファブランドヒストリー」でも紹介しているように、「ソファは座り心地」という当たり前の感覚でソファを見ていくようになった頃、「SOFA M」の座り心地の素晴らしさに気づいたわけです。

そして、「腰痛の方でも長時間座れる!」ということに気づきました。

1211222_R.jpg
「SOFA M」の背クッションはこのようになっています。

Y様の言う、
「腰に隙間が出来ず、程良い硬さが長時間しっかり体全体を支え、姿勢がくずれない。」
とあるように、腰を優しくサポートしているのがわかります。

最近は腰痛の方から、座っていて腰が痛くないというお声をたくさん頂くようになりました。
ソファですので、決して腰が治るわけではありません。
ただ、座るという行為が腰に多大な負担がかかるわけで、それを軽減できるソファというのは腰痛の方には本当に助かります。

私自身が匠ソファに替えてから、ソファに長時間座れるようになりました。
以前使用していたソファは10分座ると腰が痛かったのです。
本当に座ってられないので、フェザークッションを下に敷いて座ったり、色々工夫していました。

それほど、ソファって座り心地に違いがあるのです。
「腰痛の方でも長時間座れるソファ」=座り心地の良いソファ、これが匠ソファの基本的な考えです。

そういえば、私が腰痛治療で通っていた接骨院のオーナーさんが、偶然匠ソファを購入されました。
腰痛治療のプロが選んで頂いたというのは本当に嬉しいことですし、匠ソファが本当の良いソファだと再認識することにもなりました。


私たちは本当に良い物は、「伝わっていくもの」だと思っています。
実際使用したお客様が、「これ、すごくいいよ!」と伝えて頂き、その連鎖で広がっていくと考えています。
よって、昨日のブログでも書いたとおり、匠ソファは一切広告宣伝を行っておりません。
匠ソファのホームページを通して、皆様のお声や納品事例をお伝えしているだけです。

過剰表現なソファや安さを訴求するソファは世の中に溢れるほどあります。
でも、5年10年使ってみればわかります。
「座り心地」「耐久性」「アフターメンテナンス」の重要性がわかります。

「匠ソファと一般的なソファって何が違うのですか?」
と、お客様から良く聞かれます。
違いはたくさんあるのですが、
「構造と素材が違います。例えば家電や車のように、スペック比較表があれば一目瞭然です。」とお答えすることもありますが、
本当の一番の違いは、

「作り手の思想」でしょう。

ソファの匠や木の匠、そしてデザインの匠が、どういう思想でソファを作ろうとしてるかがまるで違います。
それをお客様に伝える役割が、我々ソファコンシェルジュなのです。

我々ソファコンシェルジュも元は家具の販売員です。
世の中の家具やソファをたくさん見てきて、たくさん販売してきて、「匠ソファ」をメインで販売することに辿り着いたのです。

それは、「本当の良い物を伝えたい、伝えるべき」という家具の販売員として当たり前の感覚を大切にしてきたことと、
本当に良い物を知らずお客様が選んでしまうことは良くない」と考えてきたからです。

なので、ソファを選ぶ時に、一度匠ソファも比較検討として見てもらえると私たちはすごく嬉しく思います。

これからも地道ではありますが、「匠ソファ」を通じて、本当に良い物を広めていきたいと考えています。


KANEKA(カネカ家具)のホームページはこちら

http://www.k-furniture.jp/ 

匠ソファブランドサイトはこちら

http://www.takumi-sofa.com/

★ 下記のランキングに参加しています。

バナーをクリックし、応援して頂けると嬉しいです!更新の励みになります。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0
月別アーカイブ
ブログ内検索
購読