TEL.075-922-0775 受付時間/10:00~19:00(火曜日を除く)

HOME  >  京の家具便り  >  KANEKAの考え: 2013年6月アーカイブ

KANEKAの考え: 2013年6月アーカイブ

最大10年保証!KANEKAアフターフォローシステム

匠ソファのコンセプト-「世代を超えて愛されるソファ」。
KANEKAのコンセプト-「長く愛着を持って使える家具」。

いずれも、「長く使える」という耐久性を重視したコンセプトです。

KANEKA(カネカ家具)が長年こだわってきたのは、家具の「品質」です。
家具・ソファを販売する中で、最も大切なことは、「品質の良い家具をご提案する」ことだと思っています。

2010年4月よりスタートした「KANEKAアフターフォローシステム」では、それ以降KANEKAで展示する家具に「最大10年保証」を始めとする独自の保証システムを設定いたしました。
※現在保証設定されているもので、2010年4月以前に購入されたものも対象となります

通常の使用において何らかの構造上の不具合が生じた場合に保証するというシステムです。
一般的にメーカー保証が1年という中、小売店として「最大10年保証」を設定するのは非常に特殊なケースです。

ただ単に保証設定しているわけではありません。
保証設定している多くの家具やソファが、これまでKANEKAで取り扱っていて、非常に不具合の少ない商品や製造元であるものばかりです。
よって、実績を元に設定しております。

例え販売可能な商品や過去に販売していた商品であっても、不具合が出る可能性が感じられる場合や、不具合が出た実績のものは、販売をお断りする場合がございます。
不具合が出る可能性が高いとわかっていて、販売するわけにはいかないからです。

よって、KANEKAで保証が設定されている家具やソファにつきましては、安心してご使用下さいませ。
そして、何か不具合が生じた場合は、ご連絡下さいませ。

■10年保証対象家具

13061451.jpg
13061455_R.jpg
「匠ソファ」

13061456_R.jpg
「高山ウッドワークス」のダイニング&チェア」
「無垢材ダイニングテーブル(KANEKA展示のものに限る)」

■5年保証対象家具

13061452.jpg
13061459_R.jpg
「匠の収納家具シリーズ」
「TVボード」「K-UNIT」など。

■3年保証対象家具

130614511_R.jpg
「無垢材ベッドフレーム(KANEKA展示のものに限る)」
「KANEKAオリジナルマットレス」


KANEKA(カネカ家具)のホームページはこちら

http://www.k-furniture.jp/ 

匠ソファブランドサイトはこちら

http://www.takumi-sofa.com/

★ 下記のランキングに参加しています。

バナーをクリックし、応援して頂けると嬉しいです!更新の励みになります。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ソファの違いを簡単に見極める方法③

昨日お伝えした、ソファコンシェルジュが教える「ソファの違いを簡単に見極める方法」。
ご理解頂けましたでしょうか?

この2点でしっかりと見極めていけば、「失敗しないソファ選び」ができる可能性は高くなります。

1.ファブリックの質
2.座面のウレタンの質(比重と厚み)

では、人気の天然木無垢材フレームを使ったソファはどうでしょうか?

アームや背面に無垢材を使うので、全て隠れているオールカバーリングタイプよりも見極めしやすいように思えます。

でも、こちらも無垢材フレームに騙されてはいけません。
無垢材にもグレードがあり、フレーム構造にも技術の差がはっきりと表れます。

しかし、ここでもあえて無垢材フレームに目を向けず、上記の2点で見比べるのが正しい「ソファの違いを簡単に見極める方法」です。

実は無垢フレームソファだからこそ、この2点を見るのが重要なのです!!

無垢材フレームのソファは木工メーカーから発売されることが多いのです。
よって、フレーム製作技術には優れていますが、クッションの製作に優れているとは言えません。
餅屋は餅屋です。

クッションやファブリックは仕入れに頼ることが多くなります。
要は、それだけコストが上乗せされてきます。


では、匠ソファの無垢ソファの中でロングセラーモデルの「腰痛の方にオススメのソファ/SOFA M」を見ましょう。

13052665_R.jpg
2.5Pサイズ(W1830) ¥341,250~
2Pサイズ(W1680) ¥310,800~
です。
発売当初から値上げを一切行っていない、無垢ソファの中ではかなり「お買い得」なソファ。

一般的な無垢フレームのソファは20~30万円台が多いものです。
それらと2点のポイントで比較してみて下さい。

13052666_R.jpg
1.ファブリックの質

13052667_R.jpg
2.座面のウレタンの質(比重、厚さ)

この2点です。

無垢ソファを比較する時こそ、是非この2点を比較し、ソファの良し悪しを見極めて下さい。


ソファコンシェルジュが教える「ソファの違いを簡単に見極める方法」、いかがでしたか?
なぜ、私たちがこういった方法をお伝えするのでしょうか?

それはお客様がソファ選びをする目線と非常に近いからです。

匠ソファショップは製造メーカーではありません。
あくまで小売店なのです。
製造元と開発に取り組んでいるものの、元は家具やソファを仕入れて販売する小売店です。

国内外のあらゆるソファ製造元から、販売するソファを「選ぶ」立場にあります。

その「選ぶ」基準が、お客様の「失敗しないソファ選び」と非常に近い感覚なのです。
私たちも、「ソファの販売」に失敗したくありません。
お客様が長年心地良く使って頂ける、喜んで頂けるソファをご提案したいのです。

その考えから生まれたのが「匠ソファ」なのです。

匠ソファ以外にも「ソファ専門店」はあります。
ただ、ソファの製造元であったり、製造元と違い立場であったり、自ら海外から仕入れてきているものばかりで、「小売店が運営するソファ専門店」は「匠ソファショップ」だけです

要は、お客様と近い視点でソファをご提案しております。

お客様に「失敗しないソファ選び」をして頂くことは、私たちにとっても大変嬉しいことなのです。



KANEKA(カネカ家具)のホームページはこちら

http://www.k-furniture.jp/ 

匠ソファブランドサイトはこちら

http://www.takumi-sofa.com/

★ 下記のランキングに参加しています。

バナーをクリックし、応援して頂けると嬉しいです!更新の励みになります。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ソファの違いを簡単に見極める方法②

家具の中でも特に見極めが難しい「ソファ」。
本来、内部構造や素材をしっかりと見て比較する必要がありますが、購入時にそんなことは不可能です。

今回、ソファの違いを簡単に見極める方法をお伝えします。
比較しやすいように、「ファブリックソファ」に絞ります。

どんな有名メーカーのソファであっても、高級ソファブランドであっても、大手家具店のソファであっても、輸入ソファであっても、見極めるポイントは同じです。

たった、2点です。

1.ファブリックの質
2.座面のウレタンの質

この2点をご自身の目で確かめ、しっかりと販売員の方に確認してみて下さい。

1.ファブリックの質

⇒見慣れてくると見た目でその違いがわかります。そして、必ず生地サンプルには素材構成が載ってますので、自然素材が中心なのか、化繊が中心なのか、など見て下さい。あと、織り方や厚みなども大事ですね。そして、産地も。

ソファはかなりの生地幅を使用します。よって、グレードの高い生地を使えば使うほど、ソファの価格も高くなります。替えカバーを見るとわかりますね。ソファの価格の中で、ファブリックの占める割合は大きいのです。

よって、価格設定を抑えたいソファに、グレードの高いファブリックはまず使用できません。
製造側、販売側の感覚としては、ソファのグレードに見合ったファブリックを使用したいものです。

難しいのは、ファブリックのグレードだけ高く、中身はイマイチというソファです。
いわゆる「見かけ倒し」「お化粧上手」といいましょうか。

なので、合わせて次を確認する必要があります。

2.座面のウレタンの質

背クッションでなく、座面クッションで十分です。理由は一番早く劣化するからです。
この座面のクッションの内部は、販売員の方にお願いして、ファスナーを開け中を確認させてもらいましょう。
理由は、商品POPやクッションサンプルと、実際のクッションの内部が違う場合があるからです。
(実際、大手家具店でこの現実を見て、唖然としました)

確認するポイントは、
ウレタンの比重(密度)と厚みです。
比重が高いほど、耐久性に優れたウレタンで高価なものです。
そして、それをどのぐらい厚みで使用しているかも大事です。
一般的には1㎥30kgぐらいだと良質なウレタンです。ただ、厚みが重要で、3cm程度で、あとはチップウレタンということが多いものです。

13052668.jpg
このチップウレタンは、圧縮ウレタンといって硬くて劣化しにくいのが特徴。コストも安いので、ベースウレタンとして使用します。
ただ、あまりに硬いので、座り心地は硬く決して良いとは言えません。

ここで言うウレタンは、写真の下の方に見えている純粋なウレタンフォームの方です。
そちらの比重や厚さを確認してみて下さい。

ウレタンでソファの良し悪しが決まるわけではありませんが、良質で比重の高いウレタンを惜しげもなく使用しているソファは、良いソファを作ろうと考えていると見ていいと思います。

実際、長年使用したソファを引き上げて、クッションのウレタンを確認した時、良質なウレタンは極端な劣化は見られません。


ちなみに「匠ソファ」の場合。

13052661_R.jpg
例えば、「SOFA KH」。匠ソファの中で最もリーズナブルなモデルです。
3Pが¥298,000~、2Pが¥275,100~

20万円後半の他ソファ(他メーカー、ブランド)と比較してみて下さい。
匠ソファが実はどれだけ「お買い得」にできているかがわかります。

13052662_R.jpg
1.ファブリック→全てイタリア直輸入の自然素材

13052663_R.jpg
2.座面のウレタン→1㎥50kg以上をベースとした厚さ10cm以上のウレタンを使用


これがソファコンシェルジュが教える、「ソファの違いを簡単に見極める方法」です。




KANEKA(カネカ家具)のホームページはこちら

http://www.k-furniture.jp/ 

匠ソファブランドサイトはこちら

http://www.takumi-sofa.com/

★ 下記のランキングに参加しています。

バナーをクリックし、応援して頂けると嬉しいです!更新の励みになります。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ソファの違いを簡単に見極める方法①

「ソファの値段の違いが良くわかりません」

「匠ソファは良いのはわかるのですが、一体何が違うのですか?」

お客様から良く聞かれる質問です。それほどソファの違いとはわかりにくいものなのです。
実際長く使い比べれば違いはわかるでしょうが、そういうわけにもいきません。

やはり購入時に、「失敗しないソファ選び」をしたいのが本音でしょう。

購入時の選び方は、気に入ったデザインや座り心地、価格が大きなポイントとなるでしょう。
おそらく、「いいソファ選びができた」と、その時は納得します。

ただ、毎日使っていくと、いつまでも購入時の状態ではありません。
表面材は劣化し始め、クッションも「買った時と何か違う」と感じるようになり、次第にソファ離れが始まります。

一般的にはそこで気づくことが多いと思います。
でも、購入時に気づくことが、「失敗しないソファ選び」に結び付きます。

「買う時には良いか悪いかわからない・・・」
これがソファを購入するお客様の本音です。

信頼すべきは、「ブランド」「名の通ったメーカー」「販売しているお店」「販売している店員さん」「お客様の口コミ」と言ったところでしょうか。


今回のテーマは、「ソファの違いを簡単に見極める方法」です。

その前に、「ソファで後悔すること」と言えば、

1.座り心地が悪かった
2.ソファがすぐにへたった
3.替えカバーなどアフターが不十分

この3つに集約されることが多いです。(買い替えされるお客様の声より)

ということは、この3つの不満の逆を選べは良いのです。

1.座り心地が良い
2.耐久性が良い
3.アフターメンテナンス性に優れている

この3つが満たされれば、おそらくソファに後悔しないでしょう。

「ただ、理屈はわかるけれど、そういうソファは高いのでは・・・?」

確かに上の3つの条件を満たすソファは決して安くではできないですね。

「いいものを安く買いたい」はお客様の本音でしょう。
でも、
「いいものをできるだけお手頃な価格でお届けしたい」
と、いうのも販売側の本音なのです。
決して、
「高いソファを買っていただきたい」のではありません。

以前より、「家具は値段ナリ」というお話をしております。
家具だけでなく、どんなものもそうでしょう。
やはり良い素材を使ったものは、それなりの価格になりますし、その価格以上の価値を提供してくれるものです。

ソファの違いを簡単に見極める方法とは?

さすがに内部の構造を見て比べるわけにはいきません。
内部は見えないものです。

座り心地?
これも一概に比較するのは難しいものです。
ただ、良いクッションであるかどうか?心地良いのか、といった感覚は大事ですね。

13052661_R.jpg
次回、匠ソファのロングセラーモデル「SOFA KH」でその方法をご紹介したいと思います。


KANEKA(カネカ家具)のホームページはこちら

http://www.k-furniture.jp/ 

匠ソファブランドサイトはこちら

http://www.takumi-sofa.com/

★ 下記のランキングに参加しています。

バナーをクリックし、応援して頂けると嬉しいです!更新の励みになります。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0
  • 1
月別アーカイブ
ブログ内検索
購読