TEL.075-922-0775 受付時間/10:00~19:00(火曜日を除く)

HOME  >  京の家具便り  >  KANEKAの考え: 2012年8月アーカイブ

KANEKAの考え: 2012年8月アーカイブ

一生モノのソファ選び

「一生モノのソファ選び」というテーマ。

こだわって買ったソファなら、そう思いたいですよね。

さらに言うと、「一生モノ」でなく、代を渡って使っていけるソファは理想です


「このソファ、長く使いたい!」と思って、思い切って購入したソファ。
毎日、毎日使うことで、5年が経ち、10年近くもなってくると、ソファがくたっと元気なく見えてしまい・・・、
表面材も悲しいことに...。

「本革は味が出てくる!」と思ったのに、ヒビ割れて、色は剥げて...。

でも、これがソファの現実ですよ。


「一生モノのソファ」には条件があります。

まず、
「構造が頑丈であること」
そして、
「クッションや中材の耐久性が良く、かつ将来的に取り替え可能なこと。(メンテナンスができる)」

「表面材(ファブリックや本革)が替えられる」
なんてことは、当然中の当然ですよ。


「一生モノのソファ」という価値観に加え、
「未来のアンティークソファを使う!」というのはどうですか??

120811_R.jpg
匠ソファのウッドフレームソファ(無垢材フレームのソファ)。

最近、つくづく思います。「ほんと、いいソファだな~」と。
毎日見てても飽きないだけでなく、毎日さらに好きになるソファです。

このウォールナット無垢材のグレード、この頑丈な造り、アーティスティックなデザイン。
こんなソファ、果たして国内、いや海外探してもあるのだろうか?と。
しかも、座ると最高に心地良い。

無垢材って、どんどん風合いが出てくるわけです。
いわゆる、アンティークソファになるわけですよ。
カバーリングは新調すればいいし、クッションがへたれば(まあ、驚くほどへたりませんよ)ウレタンを交換すればいいし。

「未来のアンティークソファ」を自分で使い、育てる感覚。
素敵だと思いませんか??


KANEKA(カネカ家具)のホームページはこちら

http://www.k-furniture.jp/ 

匠ソファブランドサイトはこちら

http://www.takumi-sofa.com/

★ 下記のランキングに参加しています。

バナーをクリックし、応援して頂けると嬉しいです!更新の励みになります。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

匠ソファのお客様の声を集めました!

匠ソファのお客様の声を集めました!

1208101_R.jpg

匠ソファを選ばれた理由や使った使用感など、お客様の生の声をヒアリングしたものをまとめてみました。

こちらのページをご覧下さいませ。
↓↓↓


昨日のブログで、「お客様にとってのお買い得な家具」というタイトルで当店の家具への考え方をご説明いたしました。

お買い得というと、損か得かという意味になるので、
どちらかというと、長い目で見て「お客様にとって良い家具(ソファ)」という意味ですね。

匠ソファも同じです。
「お客様にとって良いソファ」「お客様に喜ばれるソファ」をご提案することが目的です。

匠ソファをご使用されている方で最も喜ばれる声と言えば、

・お部屋の雰囲気が一変した!グレード感がある!
・座っていて腰がすごくラク!長時間座れる!
・リビングで過ごす時間が増えた!
・アフター面に優れている!
といった声。

個人的に気に入っているたくさん頂戴するお声は、

・良く寝れる!気持ち良く寝れる!朝まで寝てしまう!

というお声。

「ソファで寝る」。
これはお客様の素直なお声です。

実際、私も家で匠ソファを使っていますが、ホントに良く眠れます。
奥さんも、子供も、とにかくゴローんと寝ます。「気持ちいい!!」と。

まあ、マットレスより良質なウレタンやウェービングテープを使用しているので、当然と言えば当然なのですが。
また、フェザーの沈み具合いもちょうどいいのですね。


世の中には色んなソファがあります。
その中で、匠ソファは「お客様に喜ばれるソファ」かを徹底的に考えています。

・座り心地はどうか?もっと心地良い座り心地はないか?
・耐久性はどうか?
・長く使ってもらうにはどうお伝えすれば良いか?
・替えカバーはいくらぐらいだと買いやすいか?
などなど。

京都・大阪にある「匠ソファショップ」に是非是非ご来店下さい。
ソファについて、ホント詳しくなりますよ!

8月いっぱいは「匠ソファフェア」開催中です!

1207264_R.jpg


KANEKA(カネカ家具)のホームページはこちら

http://www.k-furniture.jp/ 

匠ソファブランドサイトはこちら

http://www.takumi-sofa.com/

★ 下記のランキングに参加しています。

バナーをクリックし、応援して頂けると嬉しいです!更新の励みになります。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

お客様にとってお買い得な家具。

KANEKAでは家具をセレクトする時、家具をお客様にご提案する時、
「お客様にとってお買い得な家具」とは何か??を考えます。

一般的には、購入(販売)時に、少しでもお買い得に買えたということでしょう。
セールや展示品特価、通販やネット販売。
家具であれ、別のモノであれ、物を買う時に「少しでもお買い得」に買うのは当然なことと言えます。

ただ、長年家具を販売していて、矛盾を感じることがあります。
その時(販売時)は「お客様にとってお得」と思って販売した家具が、長年使用して必ずしも「お買い得」でなかったこと。

例を上げると、「椅子」。
ソファと同じく、消耗・劣化の激しい家具の一つです。
当然です。毎日、毎日、人間の体を支えるわけですから。

海外製を中心とした廉価な椅子は溢れています。
当店でもかつては、「お客様にとってお買い得」と思い、廉価な椅子を無垢材のテーブルに合わせたりして販売しておりました。
「ダイニングセット」として購入する時に、少しでも「お買い得」を感じてもらえるようにと...。

しかし3~5年後、お客様から、椅子が壊れた、へたった、ボロボロになった・・・、買い替えを希望され来店されるお客様が激増しました。

結局、長年使っても頑丈な椅子への買い替えをお勧めするのですが、「長い目で見るとお客様にとって全くお得でなかった」ということになります。

こういう家具の販売の経験を重ねれれば重ねるほど、「お客様にとってお買い得な家具」とは、購入(販売)時でなく、「長い目で見てお買い得」かをお伝えする必要があると当店では考えるようになりました。


1208091_R.jpg
展示して9年経つ「高山ウッドワークス」のダイニング。
ウォールナット材の色合いが経年変化し、淡いアンティークのような風合いになりました。

KANEKAでは滅多に展示品を販売することはありません。
長く使っていける家具を、長く展示していくのは当たり前のことですしね。

そして、この「高山ウッドワークス」の椅子。一度も壊れたことがありません。
国産デザイナーズチェアで、頑丈、そして3万円代の椅子。
こういう家具を「お客様にとってお買い得な家具」というのではないでしょうか。



KANEKA(カネカ家具)のホームページはこちら

http://www.k-furniture.jp/ 

匠ソファブランドサイトはこちら

http://www.takumi-sofa.com/

★ 下記のランキングに参加しています。

バナーをクリックし、応援して頂けると嬉しいです!更新の励みになります。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0
  • 1
月別アーカイブ
ブログ内検索
購読