TEL.075-922-0775 受付時間/10:00~19:00(火曜日を除く)

HOME  >  京の家具便り  >  KANEKAの考え: 2012年2月アーカイブ

KANEKAの考え: 2012年2月アーカイブ

「匠ソファ」納品事例139/「SOFA RK 2P ウォールナット」

京都府長岡京市M様邸に、「SOFA RK 2 ウォールナット」をお届けしてきました。

1202026_R.jpg
M様は5年前に「高山ウッドワークス」のダイニングセットやウォールナット材のユニット家具などをご購入頂いた顧客様。
「高山ウッドワークス」のダイニングセットをとても大事にご使用されていて、この家具に合わせマンションのお部屋をリフォームされました。

12020213_R.jpg
リフォーム後の昨年春頃に、「CUBIC Ⅱ TVボード」もお求め頂きました。

「家具を購入する時は良い物を買う」というポリシーのM様ご夫婦。
「上質な家具を中心にお部屋作りをする」お手本のような空間でした。オシャレに、そしてこだわって、自分達らしい素敵なお宅です。

今回はウォールナット無垢材の「こたつ兼ちゃぶ台」を探しにご来店されました。
しかし、その時にソファも気になられていたので、匠ソファの「座り心地」などをご説明させていただきました。

「後姿美人」のSOFA RKを気に入られ、サイズ的には2Pサイズ(w1500)が理想かなとおっしゃられていました。

1202027_R.jpg
後日、「こたつ兼ちゃぶ台」を提案するためお電話したところ、「今回はソファを購入します」とのお返事がありました。

確かに、将来ソファを購入する予定があるなら、まずはサイズの大きいソファを置いて、その後でテーブルを選ぶ方が賢明です。
実際、ソファでくつろぐ時間が増えると、その前に選ぶテーブルも変わってきますしね。

コンパクトながら存在感と上質感が漂う「SOFA RK」が入ると、一段とお部屋がグレードアップされた印象です。
幅150cmのソファってコンパクトなイメージがあると思いますが、写真の通り、「SOFA RK」は本当にカッコ良いのです。

1202028_R.jpg
ファブリックは「SOFA RK」に断トツ似合う、定番のパープル色。

120202121_R.jpg
「BSシリーズ」のパープルです。(写真右から2番目)


M様のように、自分達のライフスタイルに合った家具を一つ一つ「自分達の眼で選ぶ」のが本当の意味での「コーディネート」だと思います。

当店にご来店のお客様の中でも、
「設計士さんが家具を選ぶ」「コーディネーターさんが家具を選ぶ」
そして、
「お客様はその通りに選ばざるを得ない」
というケースが多々あります。

おそらく、「家具は空間設計の一部である」という考えからくるのでしょう。
見た目の「カタチ」だけ作るのなら、別にそれで良いと思います。
ただ、実際これから「生活」していくわけです。
「生活」すると、家具は傷むし、劣化もしていきます。

その家具が「どのように劣化していくのか?」「どのぐらいの耐久があるのか?」
「或いは味わい深くなっていくのか?」「アフターメンテナンスでどのように甦るのか?」など、
「家具のプロ」にしかわからない部分がかなり多くあります。
よって、当店のような「家具ショップ」が長く存在している意義があるのです。

「家具が空間設計の一部」という考えとは真逆になりますが、
KANEKAのコンセプトは「家具で空間を作る」ということです。
そのレベルの家具を厳選してセレクトしております。

家具は「作品」ではありません。
触れて、使って、その良さを体感し、そして愛着がわいていくもの。

M様をはじめ、KANEKAで家具や匠ソファを選んで頂くお客様は、そのような「価値観」をお持ちの方がとても多いように思います。



KANEKA(カネカ家具)のホームページはこちら

http://www.k-furniture.jp/ 

匠ソファブランドサイトはこちら

http://www.takumi-sofa.com/

★ 下記のランキングに参加しています。

バナーをクリックし、応援して頂けると嬉しいです!更新の励みになります。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0
  • 1
月別アーカイブ
ブログ内検索
購読