TEL.075-922-0775 受付時間/10:00~19:00(火曜日を除く)

HOME  >  京の家具便り  >  KANEKAの考え: 2011年8月アーカイブ

KANEKAの考え: 2011年8月アーカイブ

日本の職人技術の継承

昨晩のKBS京都テレビ「京bizS」にて「匠ソファショップ KANEKA」が紹介された後半で、「日本のものづくり」というテーマが取り上げられていました。

「匠ソファ」の「感動する座り心地」を一人でも多くの方に伝えたいと同時に、

日本の職人技術の凄さも同時に伝えたいと思っています。

 

家具市場の現状をご存知でしょうか?

大手家具店、世間を賑わすような大型チェーン店の家具のほとんどが「海外からの輸入の家具」なのです。

おそらく皆さんが家具店で目にする家具の多くはアジア諸国を中心とした海外で作られている家具なのです。

なぜ海外からの輸入家具が多いかというと、もちろん「コストが安い」からです。

 

一方で国内の家具製造メーカーがどんどんなくなっている現状があります。

腕のいい職人さんが減っていき、本当に質の良い家具を作るところがなくなっていってるのです。

このまま続くと、国内で手に入る家具のほとんどが海外製になってしまい、日本の高度な職人技術は継承されません。

 

昨日もテレビでお伝えしたように、 「匠ソファ」は日本の高度な職人技術の結晶のようなソファです。

KANEKAで取り扱う他の家具も全て国産なのですが、職人の凄みを最もしっかり伝えられるのはこの「匠ソファ」だと思っています。

 

職人の技術がたくさん詰まった「匠ソファ」を是非「匠ソファショップ KANEKA」でご覧下さい。

 

↓「匠ソファ」を作る職人たち

1108135_R.jpg

 

1108136_R.jpg

 

  1108134_R.jpg

 

1108133_R.jpg

 

先日訪れた「木の匠」の工場にて

1108131_R.jpg「SOFA RK」が作られていました。

 

1108132_R.jpgこちらは腰痛の方にオススメのソファ「SOFA M」のフレームです。

  

★ 下記のランキングに参加しています。

バナーをクリックし、応援して頂けると嬉しいです!更新の励みになります。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

KANEKA(カネカ家具)のホームページはこちら

http://www.k-furniture.jp/ 

  • Comments (Close): 1
  • TrackBack (Close): 0
  • 1
月別アーカイブ
ブログ内検索
購読