TEL.075-922-0775 受付時間/10:00~19:00(火曜日を除く)

HOME  >  京の家具便り  >  KANEKAの考え: 2011年6月アーカイブ

KANEKAの考え: 2011年6月アーカイブ

「匠のソファ」納品事例074/「SOFA X 3P」

本日、京都市中京区I様邸に、「SOFA X 3P」をお届けしてきました。

 

1106161.jpgモダンな空間にピッタリの「SOFA X」。サイズは210cmの3Pですが、マンションでそのままのサイズでは納品ができないので、「アーム片肘分解式」で納品いたしました。

現場で肘を取り付け、ファブリックを被せます。

 

I様カップルは色々と家具屋さんをまわりソファを見られましたが今一つピンとこなかったようです。そんな時に当店へご来店され、この「SOFA X」の座り心地を一目で気に入られました。

「SOFA X」はゆったりとした奥行きと、包み込まれるような座り心地が特徴です。

じわ~っと沈んでいく感覚がなかなか他のソファでは味わえません。

 

1106163.jpgI様の「SOFA X」は実は脚を2cm高くされています。

これは「ルンバ」を使用されるためです。なるほど!今や仕事で忙しい方に「ルンバ」は必須アイテムです。ルンバがソファ下をきれいに掃除してくれるには、それに適した高さが必要ですね。

これからは、「ルンバ対応」も考えたいと思います。

I様、素敵なアイデアありがとうございます!

 

1106162.jpgファブリックの色はツートンなのですが、季節によってクッション部分を替えられます。

今は涼しげな明るいベージュ色ですが、冬場は同じシリーズのパープルにされます。

パープルになるとまたシックな印象になりそうですね。

 

1106164.jpg本体は締まった色の「Tシリーズ」のブラック色です。(写真右)

 

1106165.jpgクッションは柔らかな触り心地と表情が素敵な「BSシリーズ」のベージュ色です。(写真左から2番目) 冬場はパープル色。(写真右から2番目)

 

以前なら諦めていた210cmソファのマンションへの納品。

お部屋には置けるのに搬入経路の問題でこれまではサイズを一つ小さくしておりました。

何度も、「マンション業者の方、搬入のこと考えて欲しいなー」と思ったものです。

でも、今では肘の分解式で搬入することでほぼ完璧に納品ができております。

本気でお客様のことを第一に考える「匠」の姿勢に感謝です。

 

 

(以下はカテゴリ「KANEKAの考え」です。)

少し話はそれますが、「匠のソファ」しかり、TVボードなどを製作する「匠の収納家具」しかり、両方の職人さんはまず「お客様第一」で考えてくれます。

家具の製造メーカー、或いは卸メーカー全てが「お客様第一」で考えてるとは思えない現状が多々あります。その姿勢を直接お客様に伝えるわけにはいかないので、我々のような小売店がそのメーカー姿勢を隠し、我々の責任でお客様と接しております。

では、なぜこういった姿勢のメーカーが多いのでしょうか?

「売上優先」「効率優先」だからです。

それってお客様に関係ないことですよね?

企業として「売上」は会社の継続上、「当たり前」のことです。それを優先することは、その企業のただのエゴに過ぎません。

家具メーカー、卸メーカー、小売店問わず、そういう企業で溢れかえっています。

まあ、色々な考えがあって良いとは思いますが、我々KANEKAはそうは考えません。

まず、お客様にとって価値ある商品の提供を考えています。そして、できる限りの対応はさせていただきたいと考えます。

その証明が、家具の「10年保証」「5年保証」の考えです。メーカーは1年しか保証してくれません。我々は自分たちの責任で販売させていただいた家具の保証をいたします。

この私たちの考えと同じ考えなのが、

KANEKAオリジナル家具を作る「匠のソファ」や「匠の収納家具」の職人さんたちです。

名前を全面に出さない小さなメーカーさんですが、「本当に良い物を作る」という心意気はどこのメーカーにも負けないでしょう。その想いを我々はこれからも伝えていきたいと思います。

 

                                 KANEKA 代表 金山信隆

 

★ 下記のランキングに参加しています。

バナーをクリックし、応援して頂けると嬉しいです!更新の励みになります。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

KANEKA(カネカ家具)のホームページはこちら

http://www.k-furniture.jp/


 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0
  • 1
月別アーカイブ
ブログ内検索
購読