TEL.075-922-0775 受付時間/10:00~19:00(火曜日を除く)

HOME  >  京の家具便り  >  匠ソファについて  >  | KANEKAの考え  >  一生モノのソファ選び

一生モノのソファ選び

「一生モノのソファ選び」というテーマ。

こだわって買ったソファなら、そう思いたいですよね。

さらに言うと、「一生モノ」でなく、代を渡って使っていけるソファは理想です


「このソファ、長く使いたい!」と思って、思い切って購入したソファ。
毎日、毎日使うことで、5年が経ち、10年近くもなってくると、ソファがくたっと元気なく見えてしまい・・・、
表面材も悲しいことに...。

「本革は味が出てくる!」と思ったのに、ヒビ割れて、色は剥げて...。

でも、これがソファの現実ですよ。


「一生モノのソファ」には条件があります。

まず、
「構造が頑丈であること」
そして、
「クッションや中材の耐久性が良く、かつ将来的に取り替え可能なこと。(メンテナンスができる)」

「表面材(ファブリックや本革)が替えられる」
なんてことは、当然中の当然ですよ。


「一生モノのソファ」という価値観に加え、
「未来のアンティークソファを使う!」というのはどうですか??

120811_R.jpg
匠ソファのウッドフレームソファ(無垢材フレームのソファ)。

最近、つくづく思います。「ほんと、いいソファだな~」と。
毎日見てても飽きないだけでなく、毎日さらに好きになるソファです。

このウォールナット無垢材のグレード、この頑丈な造り、アーティスティックなデザイン。
こんなソファ、果たして国内、いや海外探してもあるのだろうか?と。
しかも、座ると最高に心地良い。

無垢材って、どんどん風合いが出てくるわけです。
いわゆる、アンティークソファになるわけですよ。
カバーリングは新調すればいいし、クッションがへたれば(まあ、驚くほどへたりませんよ)ウレタンを交換すればいいし。

「未来のアンティークソファ」を自分で使い、育てる感覚。
素敵だと思いませんか??


KANEKA(カネカ家具)のホームページはこちら

http://www.k-furniture.jp/ 

匠ソファブランドサイトはこちら

http://www.takumi-sofa.com/

★ 下記のランキングに参加しています。

バナーをクリックし、応援して頂けると嬉しいです!更新の励みになります。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

月別アーカイブ
ブログ内検索
購読